私は綺麗じゃありません。

山の鷺

 「そう」

彼女をここまで卑屈にさせたあの国に対する怒りで思った以上に低くなった声に内心で舌打ちしながら、笑みを深める。

「貴女は今、何をやりたい?してほしい?俺ができるのは、それを手助けする事くらいで、それなのに貴女が卑屈になっていては意味がない。国の飼い犬になるのなら構わないが、そんな貴女は助けるに値しない。全力で抗ってみて。いつかの貴女の様に」
「っ!?」

弾かれたように顔を上げ、朝焼けの様な瞳を見開く。

「何をしてほしい?」

最後の一押し。これが駄目なら諦めようと思いつつも質問を重ねる。
 この時、何故か彼女がこの手を取るような確証のない自身だけがあった。

「私に、剣を一本下さい。鈍らで良いので、それだけあればのし上がれます」

彼女はそう言って白い。しかし剣だこのある武人の手をしっかりと重ねて微笑む。
 昔見た、あの微笑みとは重ならない。心から溢れたような微笑みに、あの頃重ならなかった手の感触に、心が確かに震えるのを感じる。

「用意されなくとも、貴方の婚約者に着くに相応しい位も、この国での居場所も、剣一本で手に入れてみせます。リドル様」
「国でも落とすか?」
「いえ、売り込みをするだけです」

重ねた手をしっかりと握り、視線を交わす。
 悲しい『イロ』が無くなった訳ではないが、希望の『イロ』が少しでも現れたのはいい傾向だ。

「名前は?」
「…アザレア…です」

少し躊躇したあと、消えそうな声で呟く様に答える。

「よろしくお願いします。アザレア」

ほんの一時、彼女は俺の服に顔を埋めていた。

✢✢✢✢✢

 ネニュファールの王宮内で、ガシャンとティーカップの割れる音が響く。

「あいつ!まだ帰ってこないのか!バケモノの癖に俺に使ってもらった恩も忘れて、いったい何処ほっつき歩いてんだ!」

つい先日のパーティーで国外追放にした元婚約者に対し毒を吐きながら、革張りの椅子へドカリと腰掛ける。

『殿下!助けて下さい!隣国との国境沿いに兵が集まりつつあります!もうこれは、『英雄』の貴方様にお任せするしか無いのです!また数年前の様に追い払って下さい!』

そう言って大臣が泣きついてきたのは三日ほど前のこと。傍らにいた愛しい少女に「すごいわ!」的なことを言われ、調子に乗って承諾したは良いものの、あのバケモノが居ないのはどうも心許ない。あの圧倒的戦力はアイツの唯一の取り柄とも言えるのに、重要な時に帰ってこないとは何事かと思いつつも、兵を使い潰せばいいとも考えていた。

 「殿下!あのですね、私、殿下の瞳とお揃いのアクセサリーが欲しいです!それがあれば、ずっと殿下と居られる気がして…駄目ですか?」

執務室に飛び込んで来た可愛らしい恋人の可愛らしいおねだりに笑みを浮かべ侍従を呼ぶ為の鈴を鳴らす。

「すぐに最高級のものを用意させよう」
「ありがとう御座います!殿下!」

兎のように可愛らしく飛び跳ねながら喜ぶ恋人を愛でるのに夢中な彼は気付いていなかった。国庫の状態も。彼女の策略も。

「私は綺麗じゃありません。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く