屋根裏見たら異世界降臨

ノベルバユーザー198902

9話 そしてまた現れる乱入者

「メネル俺らが分からないのか?」


「何のことだか。」


「闇で包み隠せ【シャドウ】」


いつもとは魔法も詠唱も何もかも感覚が違う。やはり物凄く影響している。さらには今使った魔法。闇魔法はもちろんだとしても下級魔法。闇魔法でも最初の方に使える魔法。それがこの森全体を埋め尽くす。


「ナツ、傷口も限界だから下がるぞ!」


そう言って駆け出すとナツもついてくる。かわいい。


「風の精霊よ、時には優しく時には強く。【精霊の暇つぶし】」 


そういうと爆風がハルキの所まで、いやそれ以上に届いていく。


「なっなんだ!?メネル…?」


「メネルにしてはやばいこれ。前と違う。」


そんな話をしてるのはいいが、霧は晴れてしまう。


「もっと遠くへ急ぐぞ!」


そういいながら木の側を駆けていくが


「精霊よ、我が目となれ【千里眼】」


名の通り今のメネルならば3キロ以内はこれで見渡せる。


「1キロ弱か。」


ハルキの方に向け、動きを予測し矢を放つ。障害物には容赦なく穴を開けて矢は突き進む。殺気に気づいた時には遅い。


「ぐがっ」


ハルキに、ピンポイントに命中する。


「ハル!?1キロ以上は離したはず。どんだけ…」


強すぎる。明らかにメネルであってメネルじゃない。確実に殺られる。


「ひゃっ」


ナツが焦りのせいか転けてしまう。


「ナツっ!」


ナツを助けに行くが何かが迫ってきてる。


「ふぅ、やっと追いついた。」


「ちっ、メネル本当に分からないのか?」


「さっぱり」


ニコッと笑う。その笑顔はあのメネルではなく狂気に満ちている。


ここまでか。


そう思った瞬間の事


「これは襲われてるのかな?」


「???」


「だっ、誰?」


「ふぅ、こんな時に剣神さんか」


「この人が?」


「剣神だなんて恐れ多い。自分なんてまだまだですよ」


「ふふ、謙虚だね」


「それよりも君が襲っているように見えたがこれは?」


「ふふふ気のせいよ」


「そういう訳には行かないなぁ」


そういうと剣神は大剣とも言えないが普通の剣とも言えない大きさの剣。それを背中から抜く。


そして駆け出した。

「屋根裏見たら異世界降臨」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く