屋根裏見たら異世界降臨

ノベルバユーザー198902

6話ナツとハルキと照らす月

「くっそこんな時になんでモンスターが…」


昼間には見なかった。夜行系だろうか。それにしても今の状態で大打撃系はきつい。軽々吹っ飛ばされてしまう。まぁこの見た目じゃ分からないが。それでも敵はもう1人いる。打開策は…ハルを救う!


「ハル!!いい加減目を覚ましてよ!なんで分からないの?」


聞こえてる。聞こえてても答えられないし何とも思えない。


「なんで助けようと思えないの!?」


聞こえてる。そんなの無理に決まってる。


「なんでこんなに、ハルは…」


泣き崩れてしまう。それを見てちくりと胸が痛む。また、失ってしまいそうで…。


「だめだ。こんなんじゃ。」


そう、ぼそっと呟く。変わらなければ何も出来ない。この世界に来て分かった気がしてた。でも、分かりきれてなかった。


「後ろを見るんじゃなくて!次への道を見てよ!そうしてきたんじゃないの!?後ろばっかじゃ、前に進めないじゃない。それに気付いて…」


その瞬間ナツにモンスターのハンマーが向いていく。ナツの声が響き、心が揺らぎ、曲がっていた1本の線が真っ直ぐになるように戻っていく。


「ナツ!」


ナツにぶつかる寸前でまたもや攻撃が効かない手がハンマーの軌道をずらす。さらに蹴りを加えてモンスターを吹っ飛ばす。


「ハル…?」


本当に単純だ。


ちょっとの言葉で簡単に立ち直り、今ではそういう部分は見せたくないと思えるようになる。


単純だ。


あんなに悩んで苦しんでたのが、こんな簡単に壊されてしまう。


本当に単純だ


それでも間違いて歩んだ道を見直すのではなくて、正しい道を探したいと思える。


だから言わなきゃ。そっと後ろを振り向く。


「ナツ。気づかせてくれてありがとう。助けてくれてありがとう。教えてくれてありがとう。」


「…」


「俺の仲間でありがとう。俺はもう、大丈夫だ。」


「やっと戻ってくれた。良かった。」


ニコッと笑うナツ。それと同時に2人とも間合いを取る


こんな子の笑顔を俺は奪ってしまってたのか。そう痛感する。そしてモンスターが立ち上がる。それと同時にナツも立ち上がりハルキの横に立つ。


風が吹き、月がここ、戦闘場所を照らす。


「今ならなんでも出来そうな気分だ!」


そう言うとモンスターに向かって風を切り、駆け出した。

「屋根裏見たら異世界降臨」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く