屋根裏見たら異世界降臨

ノベルバユーザー198902

34話 これは一つ目の物語

今度は一つ目の物語。


少しさかのぼる。


体に感覚が戻ってくる。


「おい待てよ。まだ終わらねぇ。」


「んっ?まだ生きてたか。」


立ち上がり剣を構え直す。


「こんなんじゃ終われない。」


仲間が戦ってるんだ。


「お前を救い出す。永遠に抜けない闇から。」


「それでどうなる?」


「俺は俺以外の闇をすべて飲み込む。闇は俺だけでいい。」


「昔の俺と同じ事を。」


「ヴァーギルもそう思ってたのか。」


「が、現実はそうは行かない。そんな簡単には、救えない。自分が身を持って実感できるはずだ。」


「そうなったとしても俺は考えを変えない。」


「きっと分かる」


「いや分からない」


一度味わいそうなった少年とまだそこにすら行ってない少年。どちらの方が説得力があるだろうか。


そしてドーピングもあと二分。必殺的になるであろうさらなるドーピングで決めなければならない。


「時を残しさらなる高みを。闇と時がかなさる時、それは誰にも止められない。」


頭に浮かぶ詠唱文。それを口に出す。


「【時空斬・幻影】」


気分が違う。吐き気がする。が、気分の方は悪くない。先程とは全く異なる。


ギィィィィン


再び甲高い音が鳴り始める。

「屋根裏見たら異世界降臨」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く