屋根裏見たら異世界降臨

ノベルバユーザー198902

9話 ここから始まる

「おーい分身!」


「おっ本体じゃないか」


「倒した…のか?」


「ああ魔法で…なんの魔法使ったんだ?思い出せない」


「まあいい。ありがとな、助かった!自分に言うのも変だけどね」


「違いねぇな」


そういって笑いあってるハルキを見てメネルも笑ってしまう。


「どうしたんだメネル?」


「いやまるっきり同じ人が喋って笑ってるって考えると面白くて」


「確かにそれもそうだなってやばい、村の人に他の村に移ってもらわないと大蛇が来るんだった!」


「そうだった」


そうして他の村へと移ったのだった


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「おはようメネル。相変わらず朝早いね」


「そう言いながら、ハルキも早いじゃん?」


ちなみにあれ以来打ち解けてハルキと呼んでくれるようになった。


「今日はこの村を出る日だしね」


「あれから一週間経ったしね〜」


「よしっ雑談も終わりにしてまずは村の宿を借りつつ街へ行こか」


「モンスターの素材を売ってコルも稼がなきゃね」


「んじゃ行こうか!」


「うんっ!」

「屋根裏見たら異世界降臨」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く