俺、元日本人のガチ神だけどY◯uTuberになるね!

慈桜

第22話



「いやいや、ペット禁止なんだけど」

「引っ越す? うん、引っ越そうよ」

アラレちゃんに電気ぬこをプレゼントすると、首を持ってニョイーンと猫持ちをしたままにアラレちゃんが冷たい視線で睨んでくる。

眼鏡越しの冷たい視線……イイ!!

子供も生まれる事だし、ワンルームマンションでは何かと手狭だと思っていたから提案してみたんだけど、とりあえず電気ぬこさんかわいそうだから離してあげて。

「引っ越すってどこに? 今ダンジョンマスター系の新作書いてるから忙しいんだけど」

「そうなの? それは楽しみ。PCとかスマホ水没させてデータ消えないようにしなきゃだよ。知り合いの作家はそれで2年ぐらい立ち直れなかったみたいだし」

「バックアップには余念がないよ。HDDにも入れてるし、鍵付きのブログにもあげてる」

「え、なにそれ。てかフィギュアの元になった作品全部見たいんだけど」

「絶対いやー。ていうかお別れで泣いたのに毎日帰ってくるんじゃん!」

「ふん! 俺が神で良かったな! こんなハイスペックなヤツいねぇぜ!」

転移で帰ってこれちゃいますからね、
連日のテレビの報道のおかげで有名になれたのはいいけど、ホテルとかもカラスちゃんの姿じゃないと泊まれなくなっちゃったのだよ。

それ考えたら普通に家に泊めて匿ってくれる岡山の人達こそまさしく神だわ。

「あったりまえだろー。アラレちゃんなんてすぐおばあちゃんになって死んじゃうんだから」

「残念でしたー! 私はヤタさんに若返らせてもらってずっと若いままで一緒にいるんですぅ!」

「なにそれかわいいっ!!」

まぁ、見苦しいが許せ。
処女の美少女じゃなく、喪女ビッチの文豪とか、中々にヘイト管理はピーキーなライン攻めてるだろう?
まぁ、差し引いても心が綺麗な娘であるから爆ぜる資格はあると思うが、それはいい。

問題は住環境の改善である。
確かに掃除好きなアラレちゃんの部屋は綺麗ではあるが、やはりデスクの周りは巣と化している。

やっぱり小説家としては書斎は外せないだろう。
本に囲まれて、誰にも邪魔されない執筆空間があれば、かなり捗るはずである。
俺に邪魔されずにも済むしな。

むしろ一軒家とかも借りてしまってもいいのではないだろうか。審査が厳しい? そうですか。
アラレちゃんの収入じゃワンルームが限界か……俺の名義がちゃんとしていたら普通に一軒家ぐらい買っちゃうんだけど……いや、待てよ? 確かオギちゃんがサブチャンネル作るって話をした時、会社を設立しておくって言ってなかったか? それなら会社の事務所として、オギちゃんの名義で家を買ってしまうのもアリではないか?

早速電話で聞いてみよう。

『あいあーい。元気にしてまっか?』

「オギちゃん! 相談があるんだ!」

一気にまくし立てて色々聞いてみたけど、結論としてはもう少ししたら会社の設立も完了するから可能とのこと。
俺のチャンネルはチャンネル登録は少ないけど再生回数はすごいから、融資もできるかもなんて言われたけど、金は借りずともなんとでもなる。
まずは会社名義で家が買えると知れただけで万々歳である。

「愛知県警から4億引っぱるから、オギちゃんも滋賀支社として社宅おっ建てていいよ。って言ってもオギちゃん名義だけど」

『引っ張るて……さいけど、ほんまネモさん様々っちゅうやっちゃ。ほな、来週あたりに東京いきまひょか?』

「そうしてくれると助かる。金があっても信用がないってのは困りものだよ、マジで」

『まぁ、後少しの辛抱でっしゃろ。もう、ド偉い有名になってしもてるんやから。あとは国が慣れるまでの辛抱でっせ』

俺としては、こんなにも早々に有名になるとは思ってなかったんだが、情報社会の凄まじさを肌で感じてしまった。

「やったねアラレちゃん。家買えるかもよ!」

「ちょいちょい。4億なんちゃらってなに?」

そういや言ってなかったな。
けど、馬鹿正直に話してもアラレちゃん怒るかもしんないし、嘘ではなく且つオブラートに包む説明が必要だな。

「飛行バイクを売って欲しいって言われて売ったんだよ。空飛ぶ警察の誕生かな?」

「馬鹿なのかな? それは引っぱるって言わないよね?」

むむ……手強いな。
しかし既に後の祭りである。
もう既に通知が来て、アラレちゃんの口座に4億の入金が確認されてしまったのだ。

「あ、高田青年から着信だー、仕事のお話だー」

「うぉい! 棒読みだぞーって消えちゃった」

アラレちゃんは変に真面目でヘタレだから、あんまり派手な内容は教えない方がいい。
俺の心配をしてくれているだけなのはわかるが、お説教をされるかもしれないと思ったので即リダである。

「はいはーい、お電話ありがとうございます。飛行バイクのお買い上げありがとうございました」

『岩田です。お約束通りに4億入金させていただきました。これで赤子を元に戻していただけるんですね?』

「いやいや、これで対等な交渉のテーブルにつく条件を整えただけであって、それとこれとは別だよ。面倒だし一年あたり10万円で買ってもらおうか」

『なっ?! それでは話が違うではないですか! 』

「まずは4億用意してから、話はそれからって言ったんだけどな。 それに何が問題なわけ? 長生きできるんだからいいじゃん」

それにまず岩田って誰なんだよ。
高田青年のスマホなのに、岩田が食い気味で交渉してる時点で意味がわからん。まずは役職教えろよって感じ。
雰囲気で偉いのはわかるけどさ。

『確かにそうかもしれません。しかし人手が足りていないのです。軽犯罪の発生件数も日を追うごとに増しています。早急に手を打たねばなりません』

「他所から応援呼んだらいいじゃん」

本来なら、もう面倒だから電話を切ってしまうんだけど、今回は徹底的に煽っていくスタイルである。

「それに一年10万円もかなり譲歩してるんだけどな。まずジオン○じゃなくて飛行バイクは10億にしたかったのに、1億にした時点で36億儲けてるよね? その36億を人員増員に回す為に国と交渉してみたら? 10分の1まで値引きできたのは私の交渉の賜物です。どうか資金援助をってさ」

『そもそもは全て貴方が原因ではないですか! 街で好き勝手に無認可の航空機を配り歩き、事情を聞く為に交渉に出向いた警察官を赤子にした! そして超法規的措置を取らせてまで拘留中の容疑者の釈放させ、更には決して安くない金銭まで要求し、我々はこれに応じた! これ以上何を求めると言うのだ!!』

「まず、飛行バイクを配ったのは確かに非を認めるよ。正直ここまで揉めるんなら他の神との約束なんて守らずにグリフォンやワイバーンあたりで手を打てば良かったなって思ってる。コスパ考えたらアウルベアとかでもいいけど。あと、事情を聞く為に丁寧な対応をした警察は赤子にしてない。逮捕だなんだと叫び、拳銃や警棒を振り回して向かってきた者は防衛手段として赤子に変えただけの話。ここ重要ね。あと岡本流星に関しては説明いる? 俺はむしろ逮捕より、早々に米国に飛行バイクを引き渡した事に怒ってるんだけど? そして、恫喝して没収したからには正当な対価を求めたわけだけど、それに関しては突かれたくないから、即刻入金してきたんだと思ってたけど違うのかな?」

立場で主張は変わるよな。
こいつらの言わんとする事もわからなくもない。
でも一般市民なんぞどうなろうが構わんと言った日頃からの強行癖が生んだ失敗であり、これまでは数と権力でどうとでもしてきたから、それより大きな力に直面した時に被害者面をするのは良くない。

鼻くそに関しては普通にお詫びも兼ねて助けてあげたいって思ってたんだけど、タイミングよく米国に引き渡してくれたから後付けで文句を言ってるだけなのは内緒だ。
勝手に下手を打ってくれて感謝である。

「てか何が問題なの? 全員20歳ぐらいにしたらいいじゃん。一人200万で戦力に戻せるんだから悪くないでしょ? まず俺としてもそこまでしてやる義理もないんだけど、そこのとこわかってるのかな」

『しかし、これ以上は……』

「あらそう? あ、それと言い忘れてたけど、今回の一件で使ったワタリ アラレの口座の凍結、またはワタリ アラレに警察の手が及ぶ場合、全交渉を白紙に戻して敵対行動に出るからな」

『……善処しよう』

そんなわけにはいかない。
俺としては正当な取引だが、こいつらからすると天下の警察を脅して大金を恐喝した際に使用された口座の名義人だ。確実に公安あたりがなんらかのアクションを起こしてくるだろう。
警察も結局はビジネス組織だからな、名誉より金銭の方が大切だ。
アラレちゃんに危険が及ぶのは避けたいが、彼女は動画にも出演してしまっているので、早々に俺の庇護下にあると知らしめておいたほうがいい。

そして予想より僅かに早いが、タイミングよくアラレちゃんからキャッチが入る。

『ヤタさん。なんか強面の男の人達がずっとピンポンしてくるんだけど』

「すぐ助けに行くからおとなしくしてて」

『早く来てね。もうドア潰されそうな勢いだから』

愛知県警との交渉を知らないのか、警視庁の刑事さん達は強行手段に出たようだ。

「さぁ、岩田さん。どうやらワタリ アラレの元に刑事が訪れたようですが、どんな弁論をしてくれるのかな?」

『そうか。それは残念だったな。では次はこちらの番だ! ワタリ アラレを釈放してほしくば、4億の返金、及び赤子に変えた警察官を元に戻せ』

「はぁ……本当にそれでいいんですね?」

『こちらもただ指を咥えて待っていたわけではない! 事前にワタリ アラレについては調べもついている。どんな仕事をしていて、どんなアルバイトをしていたかもな! 彼女の小説家生命を守りたくば素直に命令に従え。でっちあげで逮捕してやろうと計画していたが、今回の4億の一件は実に都合が良かったよ!』

「わかった。最悪の選択ではあるが悪いようにはしない」

そりゃそうだよ。
普通に神様だぞーって言ったって現実味がないよな。
南海トラフの件と同じで、いかに証拠を提示したところで思考停止するしかなくなってるんだ。

力の証明として最も手っ取り早い手段は災害、即ち死を撒き散らすコトだと思うけど、俺はそんなことはしない。
他の神みたいに駄々っ子じゃないからな。

「はい呼ばれて飛び出てジャージャー麺」

「おかえり。もうね、結構ドアミシミシいってる」

「ごめんよアラレちゃん。少しOHANASHIしてくるねっ」

「ほどほどにするんだよー。じゃあボクは執筆に戻るよ」

「おー! ボクっ娘も悪くないね!」

とりあえず壁すり抜けて顔だけ出してみます。
そこには警察と言われなければヤクザにしか見えないゴリゴリの筋肉ダルマが三匹います。

「あのぉ、迷惑なんで叩かないで貰えます?」

「くっ! 何故ここにいる! 今日は出入りしてないはずだろ!」

「うーん、そう言われてもねぇ」

もう自重しません。とりあえず一瞬でこいつらの構成を書き直して、超人種に種族を変えます。
つまりはハイヒューマンってヤツですね。

設定としてはアラレちゃんの守護騎士、命令厳守で忠誠を誓う使徒と言った所か。
本来神は人間の忠誠心にまで干渉できないんだけど、俺は悪戯の権能があるから容易くできちゃう。
なのでこいつらを皮切りに警察組織を完全に手中に収めてしまおうと思う。
平和的、且つ合理的なアンサーっしょ?

「お前らには特殊技能を与える。【隷属之禍針】と言ったスキルだが、発動と同時に発生する小さな針を刺す事によって、対象を隷属する事が可能となる。まずは巣に帰り、同僚や上司を根こそぎ隷属させてこい。それが完了したら再びここに来るといい。そしてアラレちゃんの守護をしろ」

まぁ、これ禍ツ蜂って魔物のスキルなんだけどね。
キラーアントの巣に潜り込んで、女王蟻を殺して蟻の軍団を従える蜂の女王に君臨して、更には自身の卵を育てさせた上にキラーアントを餌にする極悪さんなんだけども、そのスキルをちょちょいと弄って与えてみた。

三人から一気に警察内部に広がることだろうと思う。

「そんなわけだからアラレちゃん、あいつらは味方になったから心配しないでね」

って聞こえてないか。
なんか新しいアイデアでも浮かんでるのかな。
てなわけで、このまま名古屋に再びカムバックしまして、飛行バイクで警察巡りを致します。

赤子にすると面倒を見させる人を見繕うのが大変なので、全員三歳児ぐらいにしていこう。

「ちわー! ネモ屋でーす!」

「うわぁぁぁぁぁあああ!!」

まるで悪魔を見たかのようなリアクションである。
本来なら無抵抗の人は外に出したりするんだけど、今回は岩田さんが俺を怒らせたって事で、サクサクと子供に変えて行きます。

範囲指定でサクサクやりたいけど、死んじゃったりすると遣る瀬無いので、丁寧に一人ずつ子供にしていきます。

「勘弁してください! お願いします! 妻と娘がいるんです!」

「あらそう? いいよ、じゃあどうぞ。逃げてください」

一人をあっさり逃すと阿鼻叫喚の地獄絵図になる。
次は俺が私が、なるほど確かに皆が皆悪いわけじゃないし、この人達も公務員ではあるが、一般人となんら変わりはない。
だがそれではダメだと思う。
俺のような悪者から一般市民を守る為に矢面に立つのが警察であり、自分だけが助かろうと我先にと逃げ出すのは警察失格だと思う。

「お願いします、お願いします! 闇カジノの利権を全てお渡ししますからどうか助けてください」

「へぇ、なにそれ面白そう」

「街と協定があるんです。半年見逃すだけで300万円です! 半年経ったら不良外国人を逮捕させて国に強制送還、また店舗と名前を変えて出店の際に300万円、これが11店舗です。一年で6.600万円です、悪くないでしょう?」

闇カジノや闇スロットで半年300万円程を警察に払えばお目溢しを貰えるとか笑える。まさしく談合社会。
警察もヤクザも同じ穴の狢ってことですね。

「はい、じゃあお前は引き続き頑張って、せっせと上がりを持ってきてくださいと」

貰えるものは貰っておいて、街に還元してしまおう。
こんな非公認の高レート賭博場なんかがあるから、金の流れが掴めずに特殊詐欺とかの犯人とかを捕まえられずにいるんだろ。

とりあえず、この警察署では一番偉そうなオジさんから利権ゲットって事で、このオッさんもハイヒューマンに改造して忠誠を誓わせちゃいます。

「よーし、サクサクいくぞぉー!」

次は街路樹をエルフに変えちゃおう。




「俺、元日本人のガチ神だけどY◯uTuberになるね! 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 慈桜

    ゆるがないぜ(ゝω・)わら

    2
  • ノベルバユーザー229059

    や は り テ ロ リ ス ト

    1
コメントを書く