異世界に勇者召喚されたけどチートな一般人|(嘘)だった

百合さん

act22 準備

家に帰ってから6日が過ぎた。旅の支度はできている。
クリスの冒険者登録も済みそろそろエルフの国に向かおうとしていた。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ーー冒険者ギルドーー


「シエラさん、ギルマスいます?」


「はい、今呼んできますね。」






「よう、コウキ。今日はどうした?」
「明日からエルフの国まで行くから紹介状を貰いに来た。」


「あぁ、あれか。今から取ってくる。少し待っててくれ。」






「そういえば、エルフの国にまでどう行こうか決めてなかったね。どうする?」


「馬車以外に何かあるのかえ? 」
「転移とかは?」 
「ならここからエルフの国の中間まで転移で行きそこから馬車を使おう。」


「お主、馬車持っとるのか?」
「たしかに」
「持ってる。一応作っといた。」
「馬はどうするのだ?」
「ゴーレムを使う。」
「なるほど」


「またせたな。ほれ、これが紹介状だ。」


「あぁ、助かる。」


「いつ行くんだ?」
「明日には出る。」
「そうか。気をつけろよ。」
「あぁ、じゃあな。」




ーー自宅ーー
『ソフィア、一応あいつ等に教えておくか?いろいろと』


『勇者たちですか?そうですね。魔王が変わったことや、元の世界に帰れないことは、話しても問題ないと思われます。』


『そうか。ならちょっくら城まで行くか。』


「キリハ、クリス少し出かけてくる。」
「「いってらっしゃい!」」
「行ってきます。」




ーー王城 城門前ーー
「あのー、王様と勇者に用があるんだけど通してもらってもいいですか?」
「誰だ、お前!」
「勇者召喚に巻き込まれたSランク冒険者のコウキです。これ、ギルドカードです。」


「!!!少し待ってくれ。確認してくる。」


ーーしばらくして


「許可が降りた。こっちだ。」


ーー王城 応接室ーー
「今日はどういった用で?」
「久しぶりですね。陛下。それと勇者の4人も。」


「うむ。元気そうで何よりだ。しかし、驚いたぞ。Sランク冒険者なんて。」
「まぁ、いろいろとありましてね。」
「そうだよ。鳴龍君。そんなに強いなら魔王討伐を手伝ってくれよ。」


「それはできない。」


「なんでだよ。」「そうよ。」「理由を聞いても?」


「まず、陛下が倒して欲しかった魔王は先々代の魔王だ。」


「「「「「!!!」」」」」


「先代魔王に倒され代替わりした。だから、今魔族は侵略していない。」


「まことか!?」


「なんせ、今の魔王は俺だからな。」
「「「「「!!!」」」」」


ざっと何があったかを説明して、帰れないことも話した。


「そうゆう事だったのか。」
「あっ、俺しばらく嫁たちと旅するからこの国いないから、そこんとこよろしく。じゃあね。」


「「「「「、、、、」」」」」




ーー自宅ーー 
「だだいま」


「「おかえりなさい」」







「異世界に勇者召喚されたけどチートな一般人|(嘘)だった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く