異世界に勇者召喚されたけどチートな一般人|(嘘)だった

百合さん

act20 真実と驚き

「なぁ、クリス、お前これからどうするんだ?」
「なんのことだ?」
「住むとこは家から転移すればいいけど、お前魔王じゃん」
「そのことなら大丈夫じゃ。なんせ今の魔王はコウキ、お主じゃからな」
「???」



「そもそも魔王は魔族の中で一番強く、魔法の扱いが一番上手い奴を魔王と呼ぶ。他の種族だと勇者とか呼ばれてる奴らじゃな。」


「じゃあ勇者の持つ聖剣術はなんのためにある?」


「あれは勇者が元の世界に帰るために必要なスキルじゃ」




「どうゆうことだ?」


「そもそも聖剣術は邪神を倒すためのスキル、邪神がいないと倒す対象が変わるんじゃよ。今回の勇者は、前魔王を倒すために召喚されたから、、魔王倒すスキルになったのじゃ。」


「それと元の世界に帰る、どう関係してるんだ?」


「コウキ、お主の称号に魔王討伐者があるじゃろ。その後、スキルに変わったことはなかったか?」


「ああ、たしかにスキルは進化した。」


「つまり、聖剣術で対象を倒し、討伐者の称号を得ればスキルが進化し、元の世界に帰れるのじゃ」


「なるほど。それより俺が魔王とは、どゆう意味だ?」


「魔王は、魔王を倒した者がなるのじゃ。王を殺してそのままだと、無責任になってしまうから、倒した者が代わりに王になるのじゃ」


「お前死んでないじゃん」


「でもお主に負けた。」


「魔王って何すればいいの?」


「魔王やってくれるのか!」


「まぁな」




「うむ、特に何もしない。挑みに来た勇者を倒す以外は。じゃが、勇者は各種族ごとにいるから、倒すの面倒くさいくらいじゃ」


『ソフィア、勇者ってあと何人いるの?』


『まずは人間族に3人、獣人族に1人、妖精エルフ族に1人、鉱鍛ドワーフ族に1人、竜人族に1人います。』


「まぁ、人間族の勇者って、弱いし、獣人族の勇者はキリハだし、割りと楽だな」


「お、お主 い、いまキリハが勇者か聞こえたんだけど本当かの?」


「本当ですよ。クリスちゃん」


「驚いたのじゃ」


「俺も聞いたときは驚いたよ。」


「誰に聞いたのじゃ?」


「俺のスキルだよ」


『どうもクリスちゃん、マスターのスキル、ソフィアと申します。』
「頭に声が!!」


『驚かせてしまい申し訳ありません。』


「別に良いのじゃ」
『心の中で話しかけていただければ大丈夫ですよ。』


『こんな感じかな?』
『はい。大丈夫です。』






しばらくクリスとソフィアは会話?を楽しんだ。

「異世界に勇者召喚されたけどチートな一般人|(嘘)だった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く