異世界に勇者召喚されたけどチートな一般人|(嘘)だった

百合さん

act19 二人目の妻

「連れて来るといっても俺、結婚するとは言ってないよ」


「お主、私に恥をかかせるきか?酷い男よの」
「くっ、わかった。でもキリハがダメって言ったら諦めろよ」
「わかっておる」



ーー自宅ーー
「ただいま、キリハ」
「おかえりなさい、コウさん」


「実は一緒に来てもらいたい場所があるんだけど」


「別に行くのはいいですけどどこに行くんですか?」
「魔王城」


ーー魔王城内4階 魔王のプライベートルームーー


「来たぞクリス」


「よく来たなコウキとキリハ」


「???、どちら様で?」


「私は魔王アグニス・サタン・クリスである!そして、コウキの二人目の妻になる女だ!!」


「っ!!、私はキリハ、コウさんの妻です。アグニスさん?」
「クリスでよいキリハよ」


「で、コウさんこれはどういうこと?」


「そ、それはクリスが戦えって言うから戦って勝ったら何故か妻になるって言い出して」


「うむ、そうじゃ!私はコウキの強くて優しいところに惚れたのじゃ。私を瞬殺できるのに誰も傷つけずに倒すところなんか特にやばかったのじゃ」


「、、ます」
「なんじゃ?」
「認めます。コウさんの妻になることを」




「本当か!?」


「はい。クリスさんの気持ちはわかりましたので、それよりコウさんはどうなんですかクリスさんのこと?」


「可愛くて優しくて面白い」
なんせ称号に優しい魔王と変わった称号があるぐらいだし


「キリハよ、私たちはコウキの妻なのだ。呼び捨てで構わんよ。それよりコウキ、面白いとはなんじゃ?バカにしておるのか?」


「いやそんなことないよ。少し抜けているところがあったり言葉遣いが変だったり、まぁ俺はそんなクリスが好きだけどな」


「///////っ」




「クリスちゃんこれからよろしくね」
「うむ、こちらこそよろしくなのじゃキリハちゃん」



「異世界に勇者召喚されたけどチートな一般人|(嘘)だった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く