異世界に勇者召喚されたけどチートな一般人|(嘘)だった

百合さん

act15 ギルドにて

「今日は冒険者ギルドに行きます」
「それはどうしてですか?」
「まだキリハのギルド登録してないでしょ」
「そうですね」





ーー冒険者ギルドーー
「シエラさん、こんにちは」
「あっコウキさん、この前はありがとうございました。今日はどういった御用で?」


「えぇ、嫁のギルド登録に来ました」
「結婚してたんですか?」
「ついこの前に」
「キリハです。よろしくお願いします」


「ではこの用紙に必要事項をお書きください。その後、この水晶に魔力を流して下さい。」


「わかりました。......書けました。」


「では水晶に魔力を流して下さい。」


「はい。」


「えーと魔法適正は氷、雷、神聖属性ですか。勇者かナニかで??」


「アハハハ、そこは触れないで下さい。」
「はーわかりました。キリハさんはコウキさんの奥さんという事なのでAランクからとなります。こちらがギルドカードです。」


「おいおい!こんな小娘がAランクだと!ふざけるな!」
「おいやめろ!その隣にいる人は1日でSランクになった上カルバの奴を威圧だけで倒した奴だぞ!」
「まっまじかよ!」


「今日は帰るかキリハ」
「そうですね」
「ではシエラさんまた来ます」





「異世界に勇者召喚されたけどチートな一般人|(嘘)だった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く