異世界に勇者召喚されたけどチートな一般人|(嘘)だった

百合さん

act9 シエラさん気絶

宿に戻るとコウキはあることに気付いた。
『花織の鞘がない!どうしよう?』
『花織に合う樹だとエルフの国にある世界樹くらいしかないですね。とりあえず明日、魔山ヘリヤにいる魔樹トレントを使って神器創製で代用するようですね。』


『そうか。また明日行くしかないか。』





 


〜次の日〜
魔山ヘリヤにて
『ソフィア、トレントの場所の座標割り出して転移よろしく』
『畏まりました。』




『これがトレント?』
『そうです。ちなみにステータスは』


個:魔樹トレント 
レベル500
レベルがカンストしました
HP:5万
MP:8万
力:2万
守:4万
速:1
魔攻:8万
魔防:8万
運:0


スキル
樹木操作 MP自動回復 再生
魔法
土魔法 
水魔法


『こいつレベル500でカンストしてるな』
『はい。個体によってカンストするレベルは違います。』


「素材を傷つけたくないからな即死魔法でいくか」


即死魔法
・デスサイズ MP50000
 自分より弱い相手を即死させる


・死毒 MP70000
 自分より強い相手を即死させる


「デスサイズ発動」


ーーイベントリーー
・オリハルコン×997kg 
・ヒヒロカネ×997kg
・ミスリル×997kg
・魔力水晶❲純度高❳×997kg
・死龍の牙×1体分❲あと半分❳
・死龍の爪×20
・死龍の骨×1体分
・死龍の鱗×1体分❲あと10分の7❳
・死龍の皮×1体分❲あと10分の7❳
・死龍の肉×1体分
・死龍の魔石×1
・死龍の剣×50
・魔樹の葉×1本分
・魔樹の枝×1本分
・魔樹の大木×1本
・魔樹の魔石×1


『よし!神器創製発動、魔樹の大木を花織の鞘に加工』




魔樹の鞘 [鞘]
レア度:8
品質:最高
能力:魔力伝導率up
    抜刀補助 再生 防御up




『こんなもんか』
『そうですね。今日はとりあえずギルドで何か依頼でも受けてみませんか?』
『そうだな』


ーーギルドーー


「シエラさんどうしたの?なんか騒がしいけど」


「魔法適正を調べる水晶が壊れてしまって、いま修理中なんですけど魔力水晶だけがなくていま依頼を出したところなんですが魔力水晶はとても希少で今ではほとんどの鉱山でも採掘できない物なんです。」
「魔力水晶なら持ってるぞ。どんくらい必要なんだ?」
「へっ!?はい。このくらいです」
シエラは手で丸を作ったが、
「それじゃわからん。とりあえず1kgあれば足りるだろ。ほれ」
コウキは受付のカウンターに魔力水晶を1kg取り出して置いた。
「こんなにですか!!」
「まだたくさんあるからな。やる」
「ありがとうございます。こちらは報酬の聖金貨3枚と冒険者ランクを1つ昇格です。コウキさんはEランクですのでDランクになります。ギルドカードを貸してください。」
ギルドカードを見たシエラさんは気絶した。
なぜならギルドカードには、持ち主が倒した魔物の名前と数を自動で記録する事で討伐依頼でのイカサマをしないようにする機能が付いているからである。すなわちコウキが倒した死龍アビスと魔樹トレントの記録も残るためこれを見たシエラさんは気絶してしまった。
「はっ!」
「大丈夫ですか?」
「はい。一瞬でも気絶してしまいました。ギルドカードに書かれてる事についてギルドマスターにあって頂いてもよろしいですか?」
「まぁなんのことかわからないけどいいですよ。」
コウキは、ギルドカードの機能を知らなかったのだ。



「異世界に勇者召喚されたけどチートな一般人|(嘘)だった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く