異世界に勇者召喚されたけどチートな一般人|(嘘)だった

百合さん

act1 召喚

代わり映えのない日
特に何もないまま無駄に流れる時
に退屈している少年こと鳴龍なきり 榊斬こうき
彼は教室で寝ていた。ちなみに放課後である。
教室にはいかにもクラスの中心てきなポジションにいそうな、いやクラスの中心ポジションにいる男女4人がいた。
その中のリーダー的存在は成績優秀、スポーツ万能さらにイケメンとテンプレ要素が詰まった御原みはら ひかる
クラスのマドンナ的存在は成績優秀で美人な美雲みくも 伶菜れいな
あとは御原の幼馴染の毅築たかつき 京真きょうま
美雲の幼馴染の庵橈あんどう かなえ
たちだ。


4人で喋っていると教室が光輝き気が付くと5人は広い部屋
まるで王に謁見する部屋みたいな所にいた。
上の解釈では少し語弊がある。
榊斬だけはこの部屋に来る前に別の空間に飛ばされてからきたのだった。



「異世界に勇者召喚されたけどチートな一般人|(嘘)だった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く