詩花 ハートの欠片

葵冬弥

詩花 ハートの欠片

私が生まれた時から


待っていたハートの欠片


ハートが半分のハートの欠片


欠片の割れ目はギザギザで


このギザギザに会う人が


そんな運命の人がいるんだと思ってた












だけどそれは


初めての恋が終わるくらいに


違うって分かった


完璧にギザギザが会う人なんていない


ギザギザは変わっていく


好きな人が出来るたびに


擦り合わせるものだから


ハートとハートを


スリスリ


すりすり


削れていく


ギザギザは合わさらないから


擦り合わせる


でも丸くはならない


歪に合わさるだけだから


不格好でも


1つのハートになれば


それで美しいから


綺麗だから






ハートの欠片を


今日も擦り合わせる


少しでも1つになれるように


スリスリ


すりすり


またうまくいかない


また相手のハートに


ヒビが入ってしまった


またいなくなってしまった


歪なハートの欠片は


歪なまま


歪に歪んでいってしまう


色んな人


擦り合わせてきたから


そのたびにギザギザは形を変える






やっと見つけた次の人


スリスリ


すりすり


ハートになるように擦り合わせる


でも


友達から言われた言葉に


私の欠片にヒビが入ってしまった








なんでそんな辛そうな顔してるの?








私はただ


1つのハートになりたくて


欠片を合わせたくて


ポロポロ


ぽろぽろ


涙が溢れて止まらなかった


欠片は磨り減り過ぎてるのに


気づけなかった


半分だった欠片が


その半分も無かった


擦り合わせるてるんじゃなくて


削られていってるのに


なんで気づけなかったのか








ううん


本当は気づいてたんだ










それでも


私は1つのハートになりたかったんだ


無理やりにでも












ただ


1人が寂しかったから
































でも


無理をし過ぎた欠片は


これ以上削れない


擦り合わせられない










止まらない涙


溢れでる嗚咽


寂しさが胸を埋め尽くし


絶望が渦巻いた








そんなあるとき


私は教えられた






ハートの欠片は


自分で形を変えられること


ハートの欠片を押し付けるように


擦り合わせるんじゃない


ハートの欠片は磨きあい


補いあうんだよ




自分の欠片を1つのハートに


しようとするんじゃなくて


誰かの1つのハートになりたいと


想うこと


願うんだよ


そしたら


自然とハートは1つになるって








そう教えてくれたのが








君だよ








だから


私は想った


願っていた






君と1つのハートになりたいと








君のハートの欠片に添うように


私のハートの欠片は形を変えた


1つの綺麗なハートを形作るように

「詩花 ハートの欠片」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く