話花遊び 桜の花びら舞う下で

葵冬弥

話花遊び 桜の花びら舞う下で

桜散ってくねー


もう葉桜だね、ほとんど


花の寿命は短いのー


なんで年寄りくさいの?


えへへ、なんとなく


私の寿命も短いかもよ?


それ、自分は綺麗だからって言いたいの?


分かってるじゃーん


ちょっと痛い痛い、叩かないでよ


てか、そんなこと思ってないし 


何をー!


ちんちくりんだし


身長のことは言わないでよー!


ばーかばーか!


子供か


レディーです


いや、意味分かんないから


でもさ


ん?





なに?


花びら付いてる


どこどこ?


頭の方じゃなくて


んー?とれたー?


まだ


ジッとしてて


はーい


って、ちょっとち、近くない?


聞いてる?


んっ


~~!


あ、花びらじゃなかったか


ば、ばか~...


その、照れた顔は可愛いって思うよ


ぐふっ...


グーはないだろ...


なんで黙ってんのさ


って、ちょ、どこ行くの?





上?桜が咲いてるけど


ちゅっ


え?


~♪


あ、あご?


て、首疲れるから


だーめ


みるなー


はぁ...綺麗だな


うん


綺麗だよ


どっちが?


どっちもだよ

「話花遊び 桜の花びら舞う下で」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く