ワカラナイ なんだかおかしいや

ノナカ

太陽は平等に昇る


一人歩きは出来ない

いつの日か驚くことがあるだろう

もう誰のものでもない

いつもと変わらぬ朝を迎えた

「ワカラナイ なんだかおかしいや」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く