ワカラナイ なんだかおかしいや

ノナカ

さようなら


無性に声が聞きたくて

名もないただの人・・・

華やいだ二人だけの時間

白い月

死ぬつもりだった

追いつかれちゃいけない

幸福はそんなものじゃない

この決まり切った日々の生活

「ワカラナイ なんだかおかしいや」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く