ワカラナイ なんだかおかしいや

ノナカ

足掻く

誰も彼もが

たとえ人はだませても 自分までだますことは出来ない

これが船なら

誰かを幸せにする力がほしい

あの星の記憶

どんなにあがいたって

「ワカラナイ なんだかおかしいや」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く