ワカラナイ なんだかおかしいや

ノナカ

無駄にはナラないさ

けっして無駄にはならない

胸に引っかかるものを感じる

馬鹿に思える、この私

自分で選んだのだから

静かな場所が必要

いつまでも変わることなく

夜のうちに

きっとそういう言葉が好きだから

夜のうちに

「ワカラナイ なんだかおかしいや」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く