ワカラナイ なんだかおかしいや

ノナカ

孤独と嘲笑

どんなにあがいたって

「最低だな、おまえら」

あまりに悲しげな口調

すがりついてはいけない

真実が吐き出されても

「ワカラナイ なんだかおかしいや」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く