ワカラナイ なんだかおかしいや

ノナカ

償い

人を好きになるには いろんな形がある

私にとって 少なくとも

いつか償えるのだろうか

僕は何を吸い込んでいたのか

身体が冷えてきた

食べることすら覚束なくて

無理するなって

魂に語りかけてくる

そんなはずはない そんなはずはない―――

仲間だから

「ワカラナイ なんだかおかしいや」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く