ワカラナイ なんだかおかしいや

ノナカ

最後の聲

夜まで待ちきれなかった

本当はしちゃいけないことなんだ

ごめんなさい ごめんなさい

目に見える相手なら

それで傷つく人がいるかもしれない

陽光が消えていく

「あれは、君だったのか・・・」

夜のうちに

虚ろな場所

風がそよいでる

「ワカラナイ なんだかおかしいや」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く