能無し刻印使いの最強魔術〜とある魔術師は来世の世界を哀れみ生きる〜

大島 こうのすけ

EP.6 魔術師は現地に赴く

俺の目に気になる見出しが飛び込んできた。そこには『行方不明者続出!!謎の事件』という無駄に枠を取る見出しを使って書かれた記事があった。


「ん?なんだこれ」
「ああ、その記事か。それは行方不明者事件の見出しだな。どうやら最近女児から若い女性までがこの村限定でいなくなっているんだ」
「物騒なものだな」
「ああ。一応気をつけておいた方がいい」


いや、気をつけるのはレオの方だろう。仮にもレオはそこら辺の女よりも魅力もある。そうならないとも限らない。


「そういうレオはどうなんだ?」
「私か?私は朝早くからこの村を離れるからな、どうやら行方不明は私が帰るまでの間に起きているらしい」
「そうか。一応レオも気をつけておいた方がいいんじゃないか?」
「なんだ?心配してくれているのか?」

こうなったレオはもう無視が安定だ。これ以上変な煽りを入れてこないとも限らない。なにせ下手な大人より性欲が強い少年の前で裸を晒すようなやつだからな。

その後いつも通り美味い熊鍋を食べて風呂に入り、就寝した。

そこから数日が経ちだんだんと生活サイクルができつつあった。朝起きて作り置きの朝食を食べ、昼まで読書や朝刊を読み、昼食後は少し運動。夕方帰ってくる頃には既にレオが家に帰宅し俺が食べたいものを作る。その間に夕刊を読み情報収集し、夕食を終えたら風呂に入り就寝。これが生活リズムだ。


そんなサイクルで約二週間経ったとある日、俺は朝刊を読んでいた。この日はたまたまレオが休暇日で朝から家にいた。


「レオ、また誘拐事件の見出しが出てるぞ」
「少し見せてくれ。...........っ!?」


と、急にレオの表情が険しいものへと変わる。俺は返却された新聞の行方不明者事件の記事を見る。
『領主の娘、行方不明!』
と書かれた記事の下にそれに該当するであろう少女の顔が載っていた。新聞は白黒で髪の色や瞳の色は分からなかったが。


「これが領主の娘か?」
「ああ。これでも領主とは少し面識があってな、私によく懐いてくれた子だ。最近来ないから不思議に思っていたが............」


俺は朝からコーヒーを飲みながらその記事を見ていた。
実はもう既に俺はこの行方不明事件の真相を知っている。『広範囲探知』を常時発動させている俺は同時に『探知魔術《魔》』を常時発動に設定している。そして既にその域は半径10kmにまで及んでいた。

森の奥に入った時、それに引っかかったのだ。多数の魔力反応、感覚ではあるがそれが行方不明者と魔獣であることがわかった。

そして、女性攫いと言えばあの魔獣しかいない。これは行方不明に偽装した誘拐事件だったということだ。

ならなぜ俺がそのまま助けに行かなかったのか、だが、正直面倒くさかったからだ。助けてやるような恩を受けた覚えはないしどうせそのうち返されるのだから。

だがレオの表情を見て、気が変わった。おそらく変わり果てた知り合いを見たらレオは悲しむだろう。衣食住の恩があるレオにそんな顔をさせたくない、というのが本心だ。俺は恩は仇で返すようなロクでなしではないのだ。


「.........クルシュ?」
「昼まで運動してくる。いや、もしかしたら昼を過ぎるかもしれんが、レオはそのまま家にいろ」
「なぜだ?運動なら私も付き合うぞ?」
「遠慮する。そもそも行方不明事件が起きている最中に行方不明の条件に該当するレオが外を出歩くなんて論外だろう」
「確かにそうだが.........無理するなよ?」
「分かっている。じゃあ行ってくる」


「行ってらっしゃい」と言ったレオに背を向けて森の中へと入った。もう場所は割れている、森の奥のさらに奥、このカルマ大森林の中心部辺りだ。しばらく歩くと、魔獣が寄り付いてくるが、俺は隠していた魔力を包み隠さず解放し威圧に利用する。

魔力の大きさは、その人物の強さに比例する。故に俺の魔力は無尽蔵と言ってもいい。そんな魔力を受け止めて、果たして誰が向かってこれようか。

そのまま突き進むとやがて魔力の反応があった。これは結界だ。あの魔獣がこんな用意をするなど聞いたことないが、まぁ2暦も離れれば変わるものも変わるということだろう。

俺は星宝魔術の一つである逆証魔術を発動させる。
硬いものがガラスに当たったような音が響き、結界が跡形もなく消え失せた。

これで気付かれては都合が悪いため偽装魔術を掛けておいた。これで外面上は結界が無くなっていることに気づかない。

そのまま突き進むと、やはりと言うべきか、当然と言うべきか、俺の予想通りの魔獣がいた。

槍を持った虎川の布1枚の獣毛の身体、豚のような鼻で小太りなその魔獣は、オークだ。
いつの時代も女を犯す魔獣と言えばオークが定番だ。こいつらには知性があり、言語の理解もできる。そして何よりこいつらは雌雄同士で性交するのではなく、雄は人間の女性を受精させ、雌は男を逆に襲って受精する。たまに雄はエルフを犯すとも聞くが、一般的なのは人間の女性だ。俺にしてみれば単純にクズ野郎だが。

そしてこの先からもその人間の女性達の反応と、オーク達の反応がある。恐らくお楽しみ中だろう。


(やれやれ、本当にいつの時代もこいつらは俺を呆れさせてくれる)


手前のオークの首を手刀で切り落としその先の光景を目撃する。聞こえてきたのは女達の喘声。そしてわずかな悲鳴。裸体で失神している女性も見えるが、オーク達が集団乱交中なのは女児らしい。

まぁどっちにしてもだ、とりあえず焼き殺すか。

飛行魔術ではるか上空に飛翔する。とりあえず『火炎球ファイアボール』1000発でいいか。燃費もいいし。

俺は魔術を起動して空一面を覆い尽くす火の玉を出現させる。何匹かがこちらに気づいたようだが、もう遅い。既に反応内の女性にはこの程度の魔術では傷一つつかない防御魔術を掛けている。

死ね、害獣共。

「能無し刻印使いの最強魔術〜とある魔術師は来世の世界を哀れみ生きる〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ねむねむ音夢乃

    もう犯された後だったとは…w

    7
コメントを書く