異世界転移したら勇者になったんだが?

sirokuro

舞い戻る敵と記憶


えへへ、頑張って書いちゃった♡
応援メッセージもらったら書かないとね!

──────────────────

 ソウタが言ったことを聞いたメイとシルはすごく驚いているようだった。

「あれ? セリスはあまり驚かないんだね? もしかして聞いてたの?」
「うん。本当すごいね、ソウタが言っていた通りだよ。やっぱり自分のことはわかるものなの?」
「さすがに話を細かく聞かないとここまでわからないよ。でも、そうだねぇ、この話を聞いても僕は『そんなことがあったんだ』としか思わないなぁ」
「ソウタって興味がないこと多すぎない? 前もそんな感じのことがあったよ」
「もうわかったことはいくら考えても変わらないでしょ?」
「それはそうだけど、前は自分の服が汚れてるのも気づかなかったもん」
「え...」
「...そんなことがあったんですか?」
「さすがにそれは...」

 ソウタ、メイ、シルの順番に記憶を失くす前のソウタの行動に引いている。確かにあの時のソウタは汚かったけど...

「...僕ってそんなに清潔感がない人になるんだね」
「あ、あれはこの世界に来たてで忙しかったからだと思うよ! たぶん!」
「...たぶんかぁ」
「ま、まぁまぁ! 元気がないのは今のソウタさんらしくないですよ? 元気出してきましょー!」
「おー...」
「あらら、完全に落ち込んでるわね。ってそうだった。坊や、こんなことをしている場合じゃないわ」
「え? あーそっか! そうだよね! うん! メイありがと! 元気だすからね!」
「え、あぁ、はい! ていうかなんですか!? 何があるんですか!? 教えてくださいよー!」

 ソウタとシルだけがわかるように話をするので私とメイにはさっぱりわからない。

「ねぇ、どういうことなの? そろそろ教えてよ!」
「もうすぐゲイネスが戻って来るかもしれないからね、そのための準備! この刀からすごく危ない気配がするからそれを取り除けるなら取り除きたいんだ!」
「その刀に何かあるの? 見た目は普通だけど...」

 そう思ったので刀に集中して観察してみると、刀に邪悪な魔力が纏っているのがわかった。

 でも──この魔力は!?

「セリスさん何かわかりましたか? って、セリスさん!? 顔色悪いけど大丈夫ですか!?」
「う、うん、大丈夫。この刀からね、あのミノタウロスの魔力がしたからちょっとビビっちゃった」
「え、あのミノタウロスって、黒いミノタウロスのことですか!? なんでソウタさんがそんなものを持っているんですか!?」
「この刀のことを調べたらね、僕の''創造魔法''の''コントロールスペース''の中からボロボロの剣と鉱石をだして、それを''錬金術''で作ったみたいだよ。たぶんボロボロの剣がその黒いミノタウロス? の魔力がでている原因だと思うよ」
「なんでミノタウロスの剣なんて回収しているんですか!」
「僕に言わないでよ!」

 メイがソウタに言い寄ると、ソウタは困ったようにしている。記憶をなくす前の自分の行動なのでわからないのが普通なのだが、メイは驚きすぎて今はもうソウタの肩をガクガク揺らしながら聞いている。

「メイ! ちょっと落ち着いて! ソウタは早くその刀からミノタウロスの魔力を取り除いて!」
「あっ、ご、ごめんなさいソウタさん!」
「いいよー。 よし、それじゃあやってみるか!」

 そう言ってソウタは刀に手をかざし、''創造魔法''を発動させるために集中している。

「''リムーブ''ッ!」

 刀がソウタの青い魔力に包まれた瞬間、ソウタの魔力は霧散されてしまった。

「あらら、失敗しちゃった...まぁいっか!」
「えー!? そんなに早く諦めるの!?」
「だって成功する気がしないんだもん! だったら時間と魔力の無駄でしょ!」
「...ソウタさんって昔から効率重視の人間だったんですね」
「どういう意味!?」
「言い合いをしている場合じゃないわ! もうすぐゲイネスが来るわよ!」
「そんなに早く来るの!?」
「坊やの記憶がないときを狙うのは当然だと思うわよ」

「それもそっか!」とソウタは呑気に笑っている。前に聞いていたとおり...ていうか聞いていた以上の能天気さに少し呆れてしまった。

 そんなことよりソウタはどうするんだろ? まさかその状態で戦うなんてことしないよね?

 私が不安に思っているとメイも疑問に思っていたのかちょうどソウタに聞いているところだった。

「戦うに決まってるじゃん! こんなに楽しそうなこと参加するに決まってるでしょ!」
「...戦えるんですか?」
「もっちろん! だからメイもセリスもそんな怖い顔で僕のことを見ないでよ。大丈夫だって! 魔法ならだいぶ使い慣れてきたからさ!」
「ソウタさんは近接戦闘の方が得意そうでしたよ? それは大丈夫ですか?」
「大丈夫だって! これでも小さい頃はおばあちゃんに剣の稽古をしてもらってたもん!」
「でも...」
「心配しすぎだって! そんなに僕のことが信用できないの? いくら中身がお子様だからって身体は大人だよ! 僕はなんでもできる天才なんだから信じてよ!」

 ソウタは二人に必死に自分が戦えることをアピールするが、そういう話ではない。いくら戦えるといってもソウタの中身はまだ11歳の子供、生きるか死ぬかの戦いをさせたくないのだ。

 だが、現状シルに乗り移ったゲイネスを倒すにはソウタの力が必要だ。セリスとメイだけで勝てる確率は無いに等しい。それは二人が一番わかっているのでソウタに「戦わないで」と言うことができない。

 少しでも勝つ可能性を高めるにはソウタの力が必要。だが、そのソウタが戦えるかどうかが今回の勝負の鍵だからだ。

 そして、その時は突然来た。

「坊やたち、準備はいいかしら? もうすぐ戦うことになるわ」
「え!? も、もうくるの!?」
「実はさっきから私の中に入っているわ。思ったより早かったのが少し気になるけど...でもあなた達が話し合いをしていたからかなり抑えこんでいたのだけど、もう限界だわ 」
「いつでも大丈夫だよ! 大船に乗ったつもりでいてよ!」
「ふふっ、それじゃあとは任せるわ。最後に、坊やは''創造魔法''で''悪心一刀''というのを使いなさい。それでしかゲイネスを傷つけることはできないから。...最悪、私のことは殺してくれていいわよ、って...もう、本当に限界...頼んだわよ、勇者くん」

 シルがそう言った瞬間、ガラリと雰囲気が変わった。

「ふはははははははっ! ようやっとこの身体に戻ることができたわい、あの女、無駄な足掻きをしおったがそれも水の泡じゃな! おーっとそうじゃった、お主には聞きたいことがあるんじゃ」
「...なにかな?」

 ゲイネスはニヤリと笑いながら、ソウタに聞く。

「記憶を無くした気分はどうじゃ?」

 それを聞いた途端、ソウタの記憶を無くした張本人が目の前にいるんだと理解すると、私は怒りのあまりに魔法を放とうとすると、ソウタが目の前にきて邪魔をしてきた。

「なんで邪魔するの!」
「セリスは僕の後ろにいてね。あと、メイもだからね? ここから先は僕一人で充分だから」

 ソウタは笑顔でそう言ってからゲイネスの方を見た。そのソウタの表情はさきほどまでの能天気さの欠片も感じられなく、記憶をなくすまえのソウタの顔にそっくりだった。

「記憶を無くした気分はどうか、だったよね?」
「あぁ、そうじゃ。どんな気分なんじゃ? 記憶を無くした己が惨めか? それとも己の弱さに落胆したか? それともそれとも己は記憶を無くしたことをなんとも思っていないのか? さぁ、どうなんじゃ? 我に教えてみよ、ふはははははははっ!」
「...あぁ、そうか。なるほどね。記憶を無くす前の自分の気持ちがやっと理解できたよ」
「そんな小声で言っても何も聞こえんぞ!」
「今のはただの独り言だよ。ところで、さっきの質問の答えだけどね、記憶を失ったからなに? 失ったならただ思いだせばいいだけでしょ?」
「なにを根拠に...」
「僕は天才だよ。できないことはない。ただそれだけだよ──recall the memory」
「今、なんと言った?」

 ソウタは青いオーラに包まれる。記憶を思い出すために''創造魔法''を使ったのだ。

「あーあ、本当はこの戦いが終わってから思い出そうと思ってたんだけどな」
「お主、まさか...!?」

 ゲイネスは驚きのあまり目を見開いている。それは、ソウタの記憶が戻ったことに気付いたからだ。

「記憶を無くしたときの気分を教えてやろうか? まぁ見ればわかると思うが、かなり頭にきたぜ?」
「ソウ...タ?」
「記憶が...戻ったんですか?」
「無理やり思い出しただけだ。さっきまでのことは全部忘れてくれよって、そんな話はあとだな。さぁ、ゲイネス、今度こそお前を葬ってやるぜ?」
「...つまらん」
「なに?」

 やれやれといった感じに肩を落としている。そんな態度をとられたソウタはどんどん機嫌が悪くなっていく。

「そういうところじゃ。記憶をなくしておったお主は落ち着いておったぞ。戦いにおいて、冷静さは絶対に必要な要素じゃ、それをお主は持っておった。だが今はもっておらん...そして聞こう、お主と我、どちらが強いとおもう?」
「俺だ」
「自分の力を慢心しすぎじゃ、だからこうなる」
「どういう...」

 その続きを言おうとした途端、背中になにか違和感を感じた。そして、背中をみると二本の氷のナイフが刺さっていた。

「てめぇ、なにしやが...!」
「ほれ、また隙ができたぞ?」
「なっ...!」

 気付いたときには腕にさきほどと同じナイフのような形をした氷が刺さっていた。

「弱いのぉ、もっとスピードを緩めたほうがいいかの?」
「舐めやがって──限界突破 Lv10 覇王ッ!」
「お主が我を舐めていたのだろう? 後ろを見てみな、小僧」

 嫌な予感がした。そして、その嫌な予感は当たっていた。

「...うそ、だろ?」
「現実じゃよ」

 動くこともできず、呼吸することもできずに、氷の中に囚われてしまっていたのだ。

 それを見たソウタは手と膝を地面についてしまった。

「もう心が折れたのか。ならば己の弱さを後悔しながら死ぬがよい」
「...あぁ、そうするよ...また別の機会にな!」
「なに?」
「──雷切 Lv10ッ!」
「無駄じゃ!──限界突破ッ!」

 ソウタの雷切をゲイネスは剣で受け止めた。その衝撃で凍っていたセリスとメイは砕け散ってしまった。

「ひどいことをするんじゃな、お主」
「はっ! なにが『ひどいことをする』だよ。まだ気付いてないのか?」
「...なんのことじゃ?」
「お前が凍らしたのは俺が作ったセリスとメイのコピーなんだよ。本物はどこかに隠れてる。...それからさっきまでのは全部演技だ。そんなことにも気付かないくせによくもまぁ俺に説教してくれたな? 」
「...」

 ゲイネスは何も言わずにソウタを睨みながらどんどん魔力を高めていく。それに合わせて、ソウタもどんどん魔力を高める。

「──決着をつけようぜ」



「異世界転移したら勇者になったんだが?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く