異世界転移したら勇者になったんだが?

sirokuro

騎士

「んじゃまずは小手調べといくぜ!雷切Lv1ッ!」

ガキィィンッ!と盾で防がれた音が鳴ったがその盾を吹き飛ばし、体制が崩れた所をメイと茜が切り込みに行く。

「「ハァァッ!!」」

だがしかし、鎧が硬すぎて傷つけることすらできなかった。

「破断ッ!」

セリスが魔法を使った瞬間、騎士の周りの空間がねじ曲がり、騎士の腕を切断した。

「セリスちゃんすごーい!」
「ッ!?茜さん!早くそこから離れてくださいっ!!」
「え?」

茜はそう言われ、自分がもうすぐ死んでしまう状況だと理解した。だからといって、騎士の剣はすぐそこまで迫っていて来ているので避けることができなそうだ。

あんなに注意されたのになぁ。ごめんね...ソウタ君、セリスちゃん、メイちゃん...

茜はもう自分が生きることを諦め、目を瞑りながら謝罪した。そして自分の体に何かに突き飛ばされた感じがした。。だがこれは剣で吹っ飛ばされのとは違うということはわかる。

そして、さっきまで自分がいた場所を見るとそこには、騎士に胸を貫かれているソウタがいた。

「え...」
「なに...諦め...てんだよ...」
「ソウ...タ...君...?」

騎士がソウタを貫いた剣を引き抜くと、ソウタはガハッ!と血を吐き、倒れてしまった。

「うそ、いや、いやぁぁぁぁぁぁ!!」
「メイ!私があいつを引きつけるからソウタと茜をここから避難させて!」
「りょ、了解です!」
「曇天ッ!」

騎士は黒い雲に包まれたと思ったら雷に撃たれたように電撃が走った。

「今だよ!」
「はい!限界突破ですッ!」

メイは限界突破を発動させるとすぐにソウタと茜の元へと向かい、両腕で抱えその場から離れてセリスの元へと戻った。

「これからどうしましょうか」
「とりあえず倒すよ。このまま逃げるなんて絶対に嫌」

そう言ったセリスの目には殺意しか込められていなかった。メイもセリスと同じ気持ちだったので賛同する。

「そうですね。でも、ソウタさんならここは引きそうですけどね」
「そうだね」
「...あぁ...そうだな。俺...ならここは...引くよ」
「ソウタっ!?」「ソウタさんっ!?」「ソウタ君っ!?」
「そんな...幽霊を見るような...目で...見ないでくれ...」

胸を貫かれたはずのソウタが意識を取り戻し、そんなことを言うと、三人は非常驚いた。茜に至っては涙を流し始めた。

「限界...突破、Lv、10ッ!!」

ソウタが限界突破を発動させると胸に開いていたはずの穴が徐々に塞がり始めた。

「ソウタさんって本当に人間ですか?」
「普通の人間だよ」
「普通の人間はそんな化物みたいな回復できないよ!」

私は本当に普通の人間だからできないからね!と茜はテンション高めに言うが、セリスは何も言わず、ただ敵だけを見ている。

「さぁやるか。セリス、三秒だけあいつの動きを止めてくれ」
「わかった。火輪ッ!」
「早えーよっ!?雷切Lv6ッ!」

騎士は炎に包まれながらも盾を構えたが雷切の衝撃だけで吹き飛ばし、騎士は雷切の直撃を受けて消滅した。

「ふぅー、みんな無事か?」
「バカっ!」
「うぐっ!」

ソウタはセリスに頭突きをされ倒れそうになるのがなんとか耐えた。

「何するんだよ」
「ばか、あほ、ぼけ」
「だから何なんだよ!」
「うぅ〜、心配したよ〜」

セリスは我慢していたとばかりに泣きだし、ソウタに抱きついた。

「悪いな、ケガしちまったな」
「ホントだよ〜」

数分間セリスは泣き続けた結果、疲れて寝てしまった。



「異世界転移したら勇者になったんだが?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く