異世界転移したら勇者になったんだが?

sirokuro

メイの旅立ち

「さてさて、そろそろこの村からでるか」
「そうだね!」
「もう、行っちゃうんですね」

俺とセリスがそんなことを言うとメイが悲しそうにしている。

「メイも来るだろ?」
「え?」
「そうだよ!なんでお別れみたいなこと言うの!」
「い、いいんですか?」
「言いに決まってんだろ?」

メイがパァァと輝きそうな笑顔をした。すごく嬉しそうにしているが不安そうにもしている。

「で、でも、この村が...」
「心配なのか?」
「はい...」
「そうだぞ、娘はこの村で一番強い。だから一緒に行くことなど許さん!」

そう言ってパイソンがやってきた。

「やっぱり、そうだよね...」
「あぁ、お前はこの村を守らなければならない」
「うん...」
「何言ってんだい!メイ!お父さんの言うことなんか聞かなくていいよ!」
「何言ってんだよ!メイはこの村に必要だ!」
「あ゛?」
「すみません何でもないです。」

さすがメア、パイソンのことを一瞬で黙らせた。もちろん、「これ以上文句あるか?」という眼差しで見られたからだ。パイソンは凄く顔色が悪くなっている。過去に何度か同じことがあったのだろう。

「本当にいいの?」
「もちろんだよ!お父さんは私が説得するからね!」

そう言ってメアは腕まくりをすると、パイソンが震えだした。相当なトラウマをうえつけられているのだろう。

「村は大丈夫?」
「あんたが思っている以上にこの村の人達は強いんだよ?」
「でも、この間兵士達に襲撃された時ボコボコに...」
「あれは油断してたからだよ、本当だったらあんな奴ら屁でもないさ!」
「でもみんな私より...」
「あーもー早く行ってきな!ソウタ!早くこの子を連れていきな!」
「あ、あぁ、わかった」
「えっ!?ちょ、ソウタさん!?」

俺はメイのことを担いだらメイが暴れだした。だが、メイの力では俺の腕を振り払うことはできなかった。

「ソウタ!村を助けてくれてありがとね!この子のことをよろしく頼むよ!」
「別に、助けた覚えはないが...こいつのことは任せろ」
「バイバーイ!」
「お、お母さん!お父さん!行ってきまーす!」
「メーイ!!」

メアは礼を言い、ソウタは約束をし、セリスとメイは別れの挨拶をし、パイソンは泣きながらメイの名前を叫んだ。

一生の別れじゃないんだからそんなに泣くなよ...

俺がそんなことを思っているとメイが、

「ソウタさん!セリスさん!これからよろしくお願いします!」
「よろしくな」
「うん!よろしくー!」

そして俺たちが村を出ようとしたら村の人達に囲まれた。

「メイさん!今までありがとうね!」
「ソウタさんもみんなのことを助けてくれてありがとうございました!」
「セリスさーん!元気だしてねー!」

と、村の人達から感謝された。メイは今にも泣きそうな顔をしている。この村から旅立つことに現実味がしてきたからだろう。

「みんな!今までありがとうございます!では、行ってきます!」

メイは元気よくみんなに別れの挨拶をした。その顔は凄く笑顔だったが、目には涙を浮かべていた。

「本当に行くんだな?」
「はい!」

目をゴシゴシ擦ってメイは答えた。

「これから楽しみだね!」
「そうですね!」

そこで俺とセリスは何かに疑問をもった。だがそれが何かはわからない。

「これからアクアシティに行くんですよね?」
「「それだ!」」
「えっ!?な、何がですか!?」

俺とセリスはその何かに気づいた。それは、

「なんで敬語なんだ(なの)?」
「え?」

そう、メイが俺たちに対してだけ敬語を使うのだ。

「ソウタさん達は命の恩人ですから!」
「そんなのいいから敬語はやめてくれ」
「そうだよ!」
「わかりま...わかった」

セリスは満足そうにし、メイはなんだか少し恥ずかしそうにしている。

「じゃあ改めて、よろしくなメイ」
「よろしくね!」
「うん!よろしくね!」

そして俺とセリスとメイの冒険が始まるのであった。

なーんて言っても旅行みたいなもんだけどな。

そんなことを考えながらアクアシティを目指すのだった。

「異世界転移したら勇者になったんだが?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く