異世界転移したら勇者になったんだが?

sirokuro

99階層

ついに俺は99階層への階段を降りると、そこには少し空間が広がっており、扉があり、看板もあった。それには、

《このさきに99階層の門番がいるよ!》

とだけ書いてあった。それを無視するように扉を開かけるとそこにはまた、巨大なモンスターがいた。いやドラゴンがいた。

「えー!?本物のドラゴン!?かっけぇー!!」

つい本物のドラゴンを見てはしゃいでしまう。しょうがないじゃん。だってドラゴンだよ?会ってみたいじゃん。

そのドラゴンは三階建ての家の大きさぐらいで、赤いオーラを放っている。神話にでてきそうなドラゴンだ。

そう感動していると、上から降ってきた看板が俺の頭に直撃した。

「いってぇな、なんなんだよ」

そう看板を見てみると、

《感動してるところ悪いんだけどね、早く戦闘準備をしないと死んじゃうよ?ここまで来てそんな死に方していいの?》

すごくまともなことを言われ、ショックを受ける。

「こんな奴に、注意されるなんてな。はぁ。」

そうため息をつき、戦闘準備に入る。すると、ドラゴンが赤色のブレスを放ってきた。それを避け、ドラゴンの懐に近寄り切りつける。だが、鱗が硬すぎて剣が弾かれる。

「ちっ。なかなか硬ぇな。限界突破、Lv3ッ!!」

限界突破を発動し、また突撃する。Lv3にしたのは、体力の温存をしたかったからだった。それは、さっきみたいにLv5を使い、戦闘中に倒れるわけにいかないからだ。

「──雷切 Lv5ッ!!」

だが、鱗を少し削る程度であまり効いていない。そしてドラゴンが尻尾を振り回し反撃をしてくる。俺が高く跳ぶとブレスを放ってきた。それを回避するために創造魔法を使用する。そしてイメージし、発動する。

「──聖壁ッ!!」

目の前に魔法陣みたいなものがソウタを守るように現れ、ブレスをはじく。ブレスが放ち終わると、今度はソウタがまたも創造魔法を発動させ、反撃する。

「くらえッ!!──神撃ッ!!」

ソウタがドラゴンに向けて手を振り下ろすと、

ドォォォォォンッ!!!!

と鳴り響いた。

「けっこう魔力をもっていかれたな。さてさて、今の一撃でどうなったかな?」

そう言って、ドラゴンがいた場所を見ると、翼と尻尾と片足を失ったドラゴンがいた。

「「グワァァァッ!!」」

ドラゴンが『俺はまだまだ戦えるぞ』と言うように吠えた。

「さすがドラゴン。かっこいいなぁ。一度でいいから乗ってみたかったな」

そう言い、先程の技を発動させる。

「──神撃」

ドォォォォォンという音とともにドラゴンは消滅した。

「ふぅ、魔力がスッカラカンだぜ。はやく神聖石からでた水を飲むか。あー、そうだ。ついでにこの水の名前も考えるか。そうだなぁ。ポーションでいいか」

そんな軽いノリで相当レアな回復薬をポーションと名付ける。

少し休んでから100階層への階段を下りると、99階層と同じような空間に着いた。するとまた看板があった。

《あのドラゴンが君には雑魚扱いか。なんだか可哀想だよ!なのでそんな君には君自身と戦ってもらいます!これが最後の試練だから本気だしてね!じゃないと本当に死んじゃうよ?》

自分自身だと?ドッペルゲンガーか?と思いながら扉を開けると黒い影がいた。


「異世界転移したら勇者になったんだが?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く