廃屋に潜む、闇の中

秋原かざや

最後の後始末

 トールとやらが、紛れ込んだのは地底湖だった。
 確か、この地底湖にも女の霊がいたっけ?
 あ、今は居ないみたい。僕が来たから、逃げてるな、きっと。


 おっと、今はトールについてた霊をなんとかするのが先か?


 そうそう、この地底湖でさ。
 実は前に面白い物を見つけていた。
 オンボロの鞄。
 その中にたくさんの札束が入ってた。
 けど、残念ながら、ボロボロすぎて、使い物にはならなかったんだけどね。一応、警察には出しておいたけど、あれじゃあ判別できないって。
 僕でもない限りね。
 いや、綺麗に元通りにしてもいいんだけど……なんか面倒くさそうだし、そんなに金あっても、ていうか、僕の家、資産家ってカンジ?
 だから、金に苦労してないから、お任せー。
 どうせ、着服とかしちゃってるんじゃないの? 再生できないから難しいだろうけど、まあ一部のお札はなんとか使えそうだったから、数万くらいかなぁ?


 とか思っている間に、トールってやつはガラス瓶を持って、こっちにやってきた。
 そんな危ないもの持って、何するんだよ。全く。
 生前のお前もロクなことしてないだろ?
「殺させはしない。僕がいるかぎりは、ね」
 ちょっとだけ、裏技というか、テレポートして相手の瓶を叩いて落とした。
「それに、君が掘り出したもの、良く見た方がいいんじゃない?」
『なん、だと?』
 ほらほら、びっくりしてる。
 だろーね。
 それ、僕が警察にもってっちゃったもん。
 僕は大金に慣れてるからいいけど、そうでなかったら、狂ってるところだよ。あ、だから君、死んだのか。なるほどねー。
「そろそろ気づいたらどう? 他の人を巻き込んで、ここまで連れ込んで、道連れにしようなんて、悪趣味にもほどがある」
『五月蝿い、黙れ、黙れっ!!』
 っていうか、そんな動きじゃ僕を殺せないってば。
 それじゃあ、蚊も殺せないよ?
 トールの動きを無駄な動き無しで、余裕を見せつつ避けてみせる。
「そんなんじゃ、僕は殺せないよ?」
『なら、呪ってやる、呪ってやるっ!!』
 あ、怒らせちゃった?
 けど、好都合。
 本当はトールってやつを気絶させて、霊体を引き剥がそうかと思ったけど、勝手に相手から出てくれたよ。
 と、そのときだった。
「ラナ君っ!!」
 思わず、声の方を見た。
 心配そうに、けれど、サナは僕を応援してくれていた。


 あーあ、さよなら、幽霊。
 これで僕の勝利は確かなものになった。
 そんな呪いで……俺を倒せるとでも?
 見えない剣で、敵の呪いとやらを切り裂いた。
 これで呪いとやらの効力は、ゼロだ。
『なん、だとっ!?』
「もう終わり?」
『なら、お前を取り込んでやるっ!!』
 あーあ、更に墓穴掘ってるよ、幽霊。
 俺を取り込むのなら、俺以上の力で捻じ込まなきゃ。
 まあ、そんな力、あるわけないけどね。
 んー、ランクでいうと、Bくらい? まあ、悪くなかったよ?
 ほら、跳ね返しちゃった。
「残念だったね。無理みたいだよ?」
『どうして、どうして、どうしてだっ!!』
 と、幽霊はその視線を俺から、彼女……サナへと移した。
『お前が無理なら、そこにいる女からっ!! 第一、お前が良い匂いを発しているから、連れてきたんだ。お前を取り込んで力を得てやるっ!!』
 ………。
 今、何て言った?
 あまり突拍子もないことだったんで、把握に一瞬の時間を要した。
「サナを取り込むだって?」
 体が熱くなる。
 きっと、幽霊を睨むと、すぐさまサナの周りに見えないシールドを張った。あの幽霊には突破できない強固なシールド。
「俺より先にサナを手に入れるだって? 百万光年早い、下種が」
 立ち上がり、俺は内なる力を徐々に解放していく。
「穏便に済ませようと思ったのに」
 そして、最後の『スイッチ』に俺は手をかけた。
「……失せろ。お前にもう用はない」
 その場に閃光が放たれた。




 ……いやその、なんていうかさ。
 やり過ぎたって思ってるよ?
 みんな、気絶しちゃったし。うん。
 あ、さっきの幽霊、パワーの割には、すげえ、不味かったです。
 はあ、サナがいるから癒されてるけど。
 それがなかったら、今頃、吐いてたかも。
 まあ、お陰でー、彼らの記憶をこうして、ちょっと改竄しちゃってます。
 つーかさ、こういう嫌な記憶、ある方が可哀想って言うか。
 サナの友人じゃなければ、こんなサービスしてないってば。
 こんなのやったって、親父に言ったら、殺されそー、言わないけどさ。
 さてっと、サナの分も終わったし、これで良し。
 ふう、せっかく吸収した分の力、あんまり残ってないよ。
 また後で、どこかの霊を吸収しないと。
 でも、それよりもまずは。


「でもよかった、みんな無事で。もう少し声をかけて、起きなかったら救急車を呼ぶトコだったよ」
 彼らを起こして、先ほどのことをなかったことにした。
 あっと! せっかく仲良くなったんだから。
「良かったら、ここに連絡してくれると嬉しいな、サナ・・
 あ、やっべー、まだ名前聞いてなかったっけ?
 でも、気にしてないみたいだから、ま、いっか。


 だって、これから君との楽しい時間が待ってるんだから、さ。

「廃屋に潜む、闇の中」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く