廃屋に潜む、闇の中

秋原かざや

合流したけど……あれ?

 えっと、あれ?
 空気が変わった?
 なんていうか、寒さが若干、緩んだというか、なんというか。
「あ、この部屋に女の子の幽霊がいたの」
「女の子?」
「怖いから、それ以上、言わないで」
「了解」
 変な気配を感じたので、さくっと、その部屋の前を通り過ぎました。
 またくすくす笑い声が聞こえたような気がするけど、気のせいです。ええ。
 階段を上り、奥へと進みます。
「こ、ここに、兵隊の幽霊が……」
「いないみたいだね」
 ラナ君の言うとおり、いたはずの幽霊はいなかった。
 いや、妙な気配というかそういうのは、感じる。
 けど、なぜかそれ以上のことは……なかった。
 更に階段を上って。


 ぴちゃんっ!
「ひうっ!」
「大丈夫?」
「だ、大丈夫、ちょっと思い出しただけ……」
 背中に入ったときの感触を思い出しちゃった。
 あっと、気をつけなきゃ。確かこの先の廊下を踏み抜いて……あれ?
「どうかした?」
「あれ? 私、この辺の廊下を踏み抜いたのに……あれ?」
 穴が、ない。
 しかも壊れる見た目じゃないし。
「きっと別の場所で踏み抜いたんじゃないかな? 先へいこ?」
「う、うん」
 なんだか、気のせいかな? ラナ君と一緒だと、どんどん奥へと行ける。
 怖さも半減というか、あんまり怖くないというか。
 手を繋いでくれてるから、かな?
 え? あれ? いつから手を繋いでたっけ?
「ここに入るときからずっとだけど?」
「そ、そうだったっけ?」
 懐中電灯を持ってない手から、ラナ君の手のぬくもりが伝わる。


 どきん。
 な、なんだろ、このドキドキは……。
 あ、もしかして、ユキやハルカもこんな気持ちだったから、ここへ入ろうなんて思ったのかな?
 そうだよね、幽霊見たって、二人だったら怖いけど、怖くないというか、仲間がいるって思うだけで心強いというか……。
「サナ、あっちに光が見えるよ」
 いつの間にか、私達は下りの階段を下りて、地下にいた。
 その先に、明かりが漏れて見える。
 うん、間違いない、あの光は。
「いこう、ラナ君っ!!」
「うん」
 急いで走っていくと……そこに4人がいた。
 けれど、なんだか様子が……変?
「あっちへ行けっ!! お前らなんかがここに来るべき場所じゃないっ!!」
 トールが激しい剣幕で叫んで、カズ君を押し倒した。
「ちょ、ちょっと、トール?」
 ハルカが困惑してる。ううん、ハルカだけじゃない、カズ君もユキもびっくりしてる。
「み、皆、どうかしたの?」
 思い切って、声をかける。
「さ、サナっ!! あんたどこに行ってたの? 探したんだよ?」
「急に居なくなるから、心配したんだからね」
 ユキとハルカがそういって、私の隣に居る彼を見た。
「……彼、まさか幽霊じゃ……」
「あ、彼は私を助けてくれた命の恩人なの!」
「浅樹ラナです。どうぞ、よろしく」
 ラナ君はそういってにこっと微笑んだ。
 うっ……可愛い。
 いや、格好いい。
 じゃないっ!!
「って、トールっ!!」
 ラナ君に気を取られた間にトールは更に奥へと入っていってしまった。懐中電灯も持たないで。
「サナ、早く彼を追わないと」
「う、うんっ」
 皆で急いでトールの後を追う。
 そこは……洞窟になっていた。
「ひっ……」
 それを見つけて、ハルカが声をあげる。
 そう、白骨死体。しかも数年じゃなくて、何十年も経ってるような感じ。
「これって、モンペじゃないのか?」
 カズ君が思い出したように口を開いた。
「うん、これ、モンペだよ」
 がたがたと震えながら、ユキが言う。
「戦時中の人、みたいだね」
 ラナ君が、そう言い当てた。ああ、そういえば……そんなことをトールから聞いたような気がする。
 って、トールはどこ? 辺りを見渡すけれど、ここにはいない。
「まだ奥だよ、サナ」
「う、うん、分かった」
 白骨死体に手を合わせて、私達は更に奥へと突き進んだ。

「廃屋に潜む、闇の中」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く