真夜中の訪問者

秋原かざや

真夜中の訪問者

 おや、ツリーとやらのほうで、ものおとがきこえる。
 しかたない。いっちょ、おおごえでなくぞなく……
「ほっほー。起こしてしまったかの? ほーれ、わしの必殺技をオミマイじゃ」
 くっ、おまえ、くろうとだな! こんなハイパーでクレイバーでファビュラスな、スペシャルたかいたかいをされちまったからには、こっちだって。
「ほっほー。いい笑顔じゃ。じゃが、このことは、お主のご両親には内緒じゃぞ?」
 おう! このことはないしょだな! わかったぞ!


 ん? もう朝?
「みーちゃん、おはよう」
 よくわからんけど、きのうはとってもたのしかったな。
 なーなー、ミルクまだ? オムツそろそろヤバいんだけど。なーなー、聞いてる?



「真夜中の訪問者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く