VRMMOをガチャで生き抜くために

りっきー

22話──まさかのお偉いさん!?

500PV突破、お気に入り15どちらもありがとうございます!これからも面白い小説を作っていけるよう頑張りますので、暖かい目で見守ってくれると幸いです。では、続きをどうぞ!
─────────────────
ログアウトした俺たちはリビングでテレビを見ている。俺は夜ご飯を作ってるけどな。

「2人は明日も【ドラゴンズギア】やるの?」

「私はやろうかな?詩織は?」

「午前中部活だから午後からやるよ!お昼は家で食べるから。」

「分かった。明日は十分気をつけるんだよ。」

因みに詩織はテニス部に入っている。結構強いらしい。
はる姉は中学の時陸上部に入ってて短距離で100メートル13秒で走れたとか...

「分かった!」

「よし!夜ご飯出来たぞ!」

「リュウありがとう。」

「いえいえ。今日はつけ麺だよ。」

「いいね!早く食べよ!」

「はいはい。いただきます。」

「「いただきます。」」

「で、リュウが強いのはなんで?」

「え、それは、アイテムのおかげだよ。」

「リュウ兄が付けてたやつ?」

「そうそう。」
俺はアクセサリーの性能を教えてあげた。

「え!それ強すぎない?」

「まあ、運営のネタイベントだったらしいからね。」

「えー私も欲しいなー」

「頑張ってみれば?」

「え!リュウ兄教えてくれないの?」

「やり方教えちゃダメって運営からメール来てたから。」

「そっかー残念...」

「仕方ないわね。」

「うん。ごちそうさまでした。」

「はーい。じゃあおやすみ」

「おやすみ。」

「今日はちょっとだけ【ドラゴンズギア】やってから寝ることにするよ。」

「分かった!」

「じゃあ、おやすみ。」
俺は2階に上がって行った。

「クエスト達成がてらに俺とグレイスのレベル上げしようかな。」

リュウがログインしました。

「冒険者ギルドにいってクエスト受注してこよう。」

──ギルド内──

「いつ来てもがやがやしてるな...」

「アンさんの所ちょっと並んでるか、ほかの人の所でもいいかな?」隣に誰も寄せ付けないような強面の男の人がいる。その人に声をかけた。

「すいません。」

「ん?なんだ?」

「いつもはアンさんにクエスト受注して貰ってるんですけど、今忙しそうなのでこっちにクエストお願いしに来たんですけど。」

「そうか。分かった。」

「じゃあお願いします。」

「おう。今日お前が初めてなんだよ。俺の所でクエスト受注しに来たの。専属の奴だっていたのによ。全員専属を俺から変えやがったんだ。」

「いいじゃないですか。俺はすぐにクエスト受注出来た方がいいですし。」

「はっはっは。そうかそれはよかった。俺は【ジーク】だここのギルドマスターをやってる。お前は?」

「俺はリュウです。って、え?ギルマスですか?」

「おう!そうだぜ!」

「まじか...ええっと。先程はタメ口を聞いてしまってすいませんでした。」

「おいおい、堅苦しいのはよしてくれよ。」

「分かった。じゃあオークとゴブリンのクエストお願い。あとなんか他に討伐クエストある?」

「おう!これなんてどうだ?メガコッコの討伐運が良ければ倒せるかもな。」

「じゃあそれお願いします。」

「分かった。気をつけてな。」

「はい。」

「VRMMOをガチャで生き抜くために」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く