戒められし者

Memory☆彡.。

三十.探れぬ闇

 シャラの手当てをしていると、カルエンが入ってきた。
 リューサが差し出した手ぬぐいで、したたる雨水を拭いながら、サリムに問うた。
 「傷はどうだ。」
 サリムは、静かに首を振った。
 「治療はしていますが、傷が深くて…私もどうすればいいか分かりません。」
 「見せてみろ。」
 そう言うと、シャラの傷を見た。
 矢の先が削ってあったため、深く刺さったのが、否応なしに見て取れる。
 あとわずかでも、刺さる場所がずれていたら、心臓に刺さっていたはずだ。
 思わず、手ぬぐいを、ぐっと握りしめた。涙が止まらなかった。
 リヨンが、命をかけて救った娘を、リーガン・アントナは、いとも簡単に殺そうとしたのか…。
 「カルエンさん…」
 リューサが、そっと支えて、椅子に座らせた。
 カルエンは、涙を拭うと、リューサとサリムを見た。
 「…俺の正体が気になるか?」
 「え…。」
 「顔に出てるぞ。本当に『呪いノ民』なのかって。」
 はっとしたように、二人が顔を背けたのを見届けてから、シャラに視線を移すと、ぽつぽつと語り始めた。
 「俺は…リヨンと同じ、『魔術ノ民』だ。目の色は、隔世遺伝だろうが、紛れもない一族の人間だ。…最初は、嫌だった。全員の目が青いのに、俺の目だけが茶色なんだ。それでも、一族の皆は、決して差別などしなかった。…俺は、止め笛などを使うのは、なんとも思わんが、兄のハジャレンとリヨンに関しては、止め笛も、操りノ笛も、毛嫌いしている。獣を操ることに、激しい嫌悪感を抱いているんだ。リヨンが死ぬ間際、シャラを助けるがために、操りノ術を使ったと聞いた時は、耳を疑った。あれほど嫌っていた術を使うとは、俺もハジャレンも、予想外のことだったからな。」
 カルエンは、小さな勲章を取り出した。
 「これは、俺が近衛兵として働いていた頃にもらった、英雄を意味する勲章だ。俺は、カウン国を管轄にしてもらうことで、密かにリヨンを見守っていた。この勲章をもらっていたから、城に入る権利を持つことが出来て、ずっと近くで見守っていたんだ。」
 サリムが静かに問うた。
 「気づかれることは無かったのですか?」
 カルエンは、にやっと笑った。
 「俺は、近衛兵の中でも、かなりの変装の名人と言われる人間だったんだ。目が青くないのもあって、変装はしやすかった。名前も、カルエン・シエンタという名前にしていた。」
 リューサが、首をひねりながら聞いてきた。
 「え?カルエンと言えば、気づくんじゃ…」
 「カルエンという名は、トワラ星の中では、多い方に入る名前だ。名字をそのままアスジオとしていたら、恐らく気づかれていただろうがな。」
 サリムは、声も出せずに、ぼんやりとカルエンを見つめていた。
 目は青くないものの、シャラと、遠くなった母、リヨンの顔に、カルエンはよく似ている。ハジャレンとは、瓜二つだ。
 さっき笑った時の顔は、スフィルにかなり似ていた。
 「あの…私のことは、ご存じですか?」
 カルエンが、こちらを向いて、サリムの顔を見つめた。
 しばらくしてから、カルエンの顔に、はっとしたような表情が浮かんだ。
 「…そなた、まさか、サリミアか?」
 涙ぐみながら、何度も頷くサリムに向かって、カルエンは続けた。
 「そなたのことは、見たことがある。まだ幼かったが…そうか、もうこんなに大きくなったのか…リヨンによく似ているな。」
 言いながら、シャラの頭を、さら…と撫でた。
 愛おしい妹の娘…大切な人だ、と考えながら、ぽつっと呟いた。
 「…細いな。」
 「は?」
 「こいつ…すごく痩せてないか?かなり細いぞ?」
 リューサが、うつむいて言った。
 「…リーガンが来るとわかってから、ずっと獣舎の方に泊まり込んでいたんです。そこで、ハジャレンさんとも会ったけれど…心細かったと思います。全然食事も食べてなかったし…見てるこっちが、すごく辛かった…。」
 カルエンは、何も言わずに、シャラを見つめた。
 少し前、ハジャレンが、息せき切って、家に帰ってきた時、涙ながらに教えてくれた言葉が、頭に浮かんだ。
 『カルエン!生きていた…生きていたよ!』
 何があったのか、と聞くと、ハジャレンの目から、涙が溢れた。
 『シャラだ!リヨンの娘…シャラが生きていたんだよ!さっき会ってきたんだ。リヨンによく似ているんだ!』
 ハジャレンが、あそこまで大きな声を上げたのは、泣いたのは、残る記憶の中では、恐らく初めてだっただろう。
 そのぐらい、嬉しいことだったのだ。自分も、すごく喜んだのを覚えている。
 (俺は…リヨンを許していたのか…?) 
 リヨンは、良くも悪くも、一族を捨てた人間だ。それに、禁忌を呆気なく犯した。
 そのリヨンを、恨む気持ちはあった。
 だが、なぜ、一族を捨てたのか…その挙句、禁忌まで犯したのか…それが分からぬまま、恨んでいた。
 (俺は…リヨンを愛していた…。)
 大切な人だった。一族を出てほしくなかった…今になって気がつくとは…。
 ハジャレンも、同じ気持ちだろう。
 その愛する妹が、ランギョに食われるところを、ハジャレンは、森で…池のすぐそばで、見たというのか…!
 (許さない…リーガン・アントナ…!)
 リーガンへの怒りに、歯を食いしばった時、空が白く光り、雷の音が轟いた。
 王たちが、雨を避けながら、学舎内に、慌てた様子で入っていく。
 その横で、呆然自失の状態で、ぼんやりと空を見上げて、雨に濡れている人がいた。
 一瞬、リーガンだと思った。
 だが、それが誰か分かった瞬間、カルエンは、思わず立ち上がった。
 (ハジャレン…!)
 なぜ、ハジャレンがいるのか…よく回らない頭のまま、外に駆け出した。
 「え!?カルエンさん!?」
 「そこにいろ!シャラを頼む!」
 走りながら、窓から飛べば良かったと後悔したが、もう戻れない。
 あれほど、掟を守り、人の前に出なかったハジャレンが、人前に出たというのか。
 それだけが、頭にあった。他のことは、全て抜けてしまっていた。
 「ハジャレン!」
 学舎の土間を駆け抜けて叫ぶと、ハジャレンは、空からゆっくりと視線を移した。
 「…カルエン…」
 そう呟いたハジャレンの目に、涙が浮かび、頬を伝っていた。
 「…来い。」
 屋根の下に移動して、風を操り、少しだけ服を乾かしてやった。
 「どうしたんだ?人の前に、姿を表さなかったのに。」
 ハジャレンが、首を静かに振った。
 「許せ…なかったんだ…。」
 「誰を?」
 「お前、シエンタを覚えているか?」
 「シエンタ?昔、使っていた名前…ん?…シエンタ・バス・リアソンのことか!?」
 「ああ…お前が使っていた名前を、呆気なくマーサーが出したんだ。そばに、サラ・シュニアンという、ここの用務がいた。それが、シエンタだった。それに気づいて、思わず飛び出したんだ。リーガンにも、一言言いたかったしな。」
 カルエンは、頷きつつも、苦い顔をしていた。
 ハジャレンには、カルエンの気持ちがよくわかった。
 なぜ、人々の前に姿を見せるのか。それをすることは、魔術ノ民にとって、痛手だと、なぜ分からないのか。
 そう言いたいのだ。
 ハジャレンは、それは分かっている、と言うかのように頷くと、口を開いた。
 「シャラは?」
 カルエンは、静かに頷くと、踵を返した。
 後ろから、ハジャレンがついて来ているのも確認せず、歩き続けた。
 しばらくしてから、口を開いた。
 「シャラは、矢を背に受けているが、心臓は外れている。だが、先が削ってあった関係もあって、かなり深く刺さっている。油断はできない状況だろうな…。」
 ハジャレンは、何も言わなかったが、しばらくしてから口を開いた。
 「…なぜ…シャラなんだろうな…」
 「え?」
 「なぜ…シャラばかりが、こんな目に遭うんだ!?シャラは、母であるリヨンも、兄であるスフィルくんも、短い期間に一気に失っている!ここで…リーガンに連れ去られたら…あいつは、最後の仲間と居場所を失うんだ…!なんで…シャラなんだよ…!」
 「一回落ち着け。そこまで取り乱しても、何ともならない。」
 「…そう…だな……」
 「ハジャレン?」
 振り向いた瞬間、ハジャレンは、息をつき、顔に手を当てて、ふらっと身体を傾けた。
 「ハジャレン…!?」
 慌てて立ち止まると、ハジャレンの肩を支えた。
 顔が真っ青だった。
 「う……」
 軽く呻いたまま、微動だにしない。
 (貧血…?あと少しで…シャラがいる学長室なのに…)
 その時、学長室の戸が、ぱっと開いた。リューサだった。
 「あ、カルエンさん!心配してたんですよ!……その方は?」
 「君!頼む!手伝ってくれ!この男のことは、あとから説明するから!」
 「え?あ、はい!分かりました。」
 二人で、ハジャレンの腕を肩にかけ、そっと持ち上げた。
 ハジャレンの体重がしっかり肩にかかっているところを見ると、かなり酷い貧血を起こしているみたいだった。
 体重がかかっているとはいえど、随分軽い身体だった。
 (三日以上、森で眠らずに、シャラを見守っていたんだ。大したもんだ。)
 学長室に入るなり、サリムが駆け寄ってきたが、はたと動きを止めた。
 「カルエンさん…その方は…?」
 カルエンは、ハジャレンを寝かせるなり、どさっと椅子に座ると、シャラを見て、質問には答えずに、こう言った。
 「…シャラの具合は?」
 「え?…恐らく、もう大丈夫だと思います。呼吸も脈も、安定してきましたので…。」
 カルエンは、少し目を閉じ、息をつくと言った。
 「そうか……なあ、さっき、俺が連れてきた男性のこと、気になるか?」
 サリムとリューサが頷いたのを見て、カルエンは遠くを見るような目をしながら、話し始めた。
 「そこに寝ている男…そいつは、俺の兄、ハジャレンだ。」
 サリムの顔に、はっとしたような表情が浮かんだ。
 「あんた、ハジャレンを知っているのか?」
 サリムが、かすれた声で言った。
 「シャラから…よく聞いていました。聞いた時から、会ってみたいと思っていましたので…。」
 カルエンは、ふっと微笑んだ。
 「そうか…ハジャレンはな、シャラのことを、どうしても守りたかったんだ。リヨンに似たシャラを、リヨンを助けれなかった分、守ろうとしてたんだ。そのせいで、三日以上もの間、森の中で、眠らずにシャラを守っていた。そのぐらい、ハジャレンにとって、シャラの存在は大きいものなんだ。そして、シャラを守るために、力を使ったんだ。」
 「力…?」
 「操風ノ術という、風を操る力だ。恐らく、一族全員を探しても、使えるのは、ハジャレンただ一人。ただ、これを使うには…かなりの体力を使うんだ。最悪、死に至る、苦しい術だ。」
 カルエンは、息をつくと言った。
 「リーガンは…これ以上、シャラから…何を奪うんだ?」
 静かに、涙が溢れた。
 リーガンにとっては、自分達の存在など、どうでもいいものにしかならないだろう。
 だが…シャラにとっては…何にも代えられない、大切な人だ。
 (シャラを…苦しめて、何になるんだ…。)
 思惑が全く見えない今、リーガンは、深い闇と化している。何も探れぬ闇に…。
 これ以上、シャラをここにおいてはおけなかった。このままだと、確実にシャラは、カウン国に連れ戻される。
 雷の音を聞きながら、カルエンの頭には、ある思いが湧き上がってきていた。

「戒められし者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く