戒められし者

Memory☆彡.。

二十六.王たちの到着

 王たちが乗った馬車が見えてきても、シャラは顔色一つ変えなかった。
 リューサは、そっとシャラを横目で見た。
 大丈夫だろうか…。
 あの馬車には、リーガン・アントナも乗っているのだ。
 シャラが、いつ逆上するかもわからない。
 サリムが、小声で囁いた。
 「…そろそろ到着なさるわ。くれぐれも無礼のないようにね。マーサー王の怒りを買えば、死刑は免れないわよ。」
 そう言ったサリムの顔が、わずかにこわばっていた。
 シャラは、思わず手を強く握りしめた。
 サリムも、元々はカウン国王家の娘だ。マーサーとリーガンが知らないはずがない。
 サリムにとってのリーガンは、自分と同じ、母親を殺した者だ。
 本当は、かなり怒りを感じているはずだ。
 (ハジャレン…どうか私を…サリミアを…見守っていて…)
 そこまで考えて、ふと気づいた。
 サリムのことを、再会してから一度も、サリミアと呼んだことがないのだ。
 (お姉ちゃんと…呼ぶべきなのかな?)
 ちらっと、サリムを見た。
 あとから聞いたことだが、サリムというのは、サリミアの親しみを込めた呼び方らしく、サリムは、それを名前として使っているのだ。
 元王女として、生きていた頃の姿を、知られないように…ただ、それだけのために…。
 とん、と肩を叩かれて、振り向くと、用務のサラがいた。
 「ルテーハ荘は、ついさっき、ハンナが準備を終えたわ。カヤンは、獣舎にいれているし…そろそろ行きなさい。あなたは、まだここで姿を見られちゃいけないわ。」
 シャラは、静かに頷くと、リューサに今言われたことを伝え、獣舎へと走っていった。
 
 ラルは、辺りを確認してから、馬車を止めた。
 「マーサー王、着きました。」
 従者が、馬車の戸を開けた。
 後ろの馬車からも、リーガンを始めとする王たちが、次々と降りている。
 馬から降りると、暖かい太陽の光が身体に当たった。目の前には大きな山があり、辺りは森ばかりだった。
 馬車から降りたマーサーは、そっと、学長という札を胸につけた女性に目を移した。
 その視線に気づいた女性が、すっと頭を下げた。
 「ようこそお越しくださいました。遠くから、このウォーター学舎へお越しくださいまして、ありがとうございます。私は、このウォーター学舎で、学長と教導ノ師を務めております、サリム・レッカーと申します。」
 マーサーは頷くと言った。
 「そんな固い挨拶はしなくても良い。さっそく、イシュリを見せてもらおうか。」
 その瞬間、ラルは、サリムがさっと顔色を変えたのを見た。
 サリムは、しばらく黙っていたが、また口を開いた。
 「…今、イシュリは起きたばかりでございます。これから朝餉などの時間ですので、まだ見に行くことはなりません。食事の時間を妨げられることを、イシュリは何よりも嫌うのです。どうか、もうしばらく、お待ちください。」
 マーサーは、少し残念そうな顔をしたが、微笑むと口を開いた。
 「ならば、まずは食堂へと案内してもらおうか。」
 サリムは、ぎこちない微笑みを浮かべると頷いた。
 「もちろんでございます。こちらへどうぞ。」
 王たちがぞろぞろと続く中で、ラルはその横を静かに歩いていった。
 (あの…サリムとかいう師…)
 最初から、ずっと心に引っかかっていた。
 妙に、何かを警戒しているような態度なのだ。
 特に、さっきのマーサーからの、イシュリを見たいという言葉に対する態度は、まるで、必死に冷静さを保とうとしているみたいだった。
 (俺と…同じぐらいの年齢に見えるな…いつから学長をやっているんだ?)
 サリムは、二十歳の自分と、ほとんど変わらないように見える。
 加えて、三年前に処刑された、リヨンの面影が見える気がする。
 (リヨン女王は…シャラ王女と、その兄のスフィル王子しか…子がいなかったはずだが…)
 「…ル…ラル!」
 はっと我に返った。
 バディのアストが、心配そうな顔をして、自分の顔を覗きこんでいた。
 「どうしたんだ?ぼーっとして…そろそろ食堂だが…体調でも悪いのか?」
 ほぼ反射的に、首を横に振った。
 「大丈夫だ。」
 アストが、ため息をついた。
 「お前さ、なんか気がついたことあるんじゃねえの?」
 驚いてアストに視線を移してから、はっとした。
 (しまった…)
 アストがもう一度ため息をついた。
 「分からないわけがないだろう?…言ってみろよ。何に気がついたんだ?」
 ラルは答えずに、アストを見つめた。
 この男、アスト・キラードは、キラード家の次男だ。
 キラード家は、大富豪の家で、長男から順に家を継いでいく、伝統ある家系だった。
 アストが近衛兵となったのは、今から十年前、キラード家が強盗に襲われ、家族を失った十歳の時だった。
 近衛兵の不足で、近衛兵全員が別の事件にかかりきりになってしまい、その事件に手が回らなかったのだ。
 それを知ったアストは、孤児のまま、誰にも背中を押されず、一人で今の世界に入った。
 そこでバディを組むことになったのが、自分だった。
 (アストは…強いな…)
 ラルも、様々な事情があって、今の世界に入った身だ。
 決して、望んで入ったわけでは無い…アストとは、正反対だった。
 
 そこまで考えた時、アストが眉をひそめて、ラルから視線をずらした。
 ラルも、はっとして、同じ方に目をやった。
 「…ラル、聞こえたか?」
 ラルは、頷き、横目で王の方を見た。
 (気づいていない…?)
 気のせいだろうか。だが、アストも恐らく聞こえていた。
 「笛のような音がしていたよな?」
 アストに言われ、静かに頷いた。
 甲高い、抑揚がつけられた音。
 それが聞こえたのだ。自分だけではなく、アストにまで。
 「アスト…王たちを頼む。」
 言うが早いか、ラルは駆け出して、音が聞こえた方へ向かった。
 
 シャラは、獣舎に入るなり、カヤンの足元へ行った。
 「カヤン…どうしよう…」
 リーガンが来た、と言おうとした途端、涙が溢れた。
 今日だ。今日、カヤンの世話をする者として、このあとリーガンと会わねばならない。
 すぐに獣舎の外に出た。
 外の空気を吸って、目を閉じた。
 会うなど…絶対に嫌だった。
 リーガンを目の前にして、逆上しない自信は、どこにも無かった。
 ぐっと唇を噛んだ。
 そばに、ハジャレンがいないのが、とても苦しかった。
 昨日会ったばかりなのに…と思った。
 (私は…どれだけハジャレンに甘えているんだろう…)
 操りノ笛を持つと、外に出た。
 朝の空気をめいっぱい吸い込んでから、適当に吹いた。なんの意味もなく吹いた。
 もちろん、反応はない。
 ため息をつきつつ、獣舎に戻り、カヤンに餌をやると、もう一回外に出て、獣舎の裏の森へ入った。
 木に背を預けると、木漏れ日が顔に当たり、思わず目を細めた。
 (お母様…スフィル…)
 二人の顔が、頭に浮かんだ。
 二人は、今頃天国で幸せに暮らしているのだろうか…スフィルは、父に許してもらえたのだろうか…。
 ため息をついて、目を閉じた。
 (私は…どれだけ追い詰められているのだろう…。)
 父と母と兄と、城で暮らしたあの日々は、どれだけ平穏で、温かい暮らしだったのか、今になって痛感する。
 わずか三年で、ここまで変わってしまうのだろうか…。
 閉じた目から、涙が溢れて、頬を伝い落ちた。
 あの幸せで、平穏な暮らしに、戻りたかった。
 だが、それはもう叶う願いではない。
 あの日、継承権を放棄して、母を助けに行った時に、自分から幸せな暮らしを捨てたのだ。
 涙を拭い、獣舎に戻ろうとした。
 その時、後ろから口を押さえられて、茂みに引き込まれた。
 (!?)
 慌てて抵抗しようとした時、耳元で囁かれた。
 「シャラ、落ち着け!俺だ!」
 ハジャレンの声だった。
 「…落ち着いたか?そのまま聞け。お前の操りノ笛の音に、マーサーについてきた近衛兵が気づいて、こっちに向かっている。ここで一緒にいてやる。声を出さずに待つんだ。」
 シャラが頷くと、そっと手を下ろしてくれた。
 隙間から覗くと、ちょうど近衛兵が来たところだった。
 走って来たにしては、息切れもなく、笑みも浮かべず、辺りを見渡していた。
 その様子をぼんやり見ながら、はっとした。
 竪琴と操りノ笛を、獣舎に置いてきたまま、鍵を閉めていないのだ。
 カヤンもいるのに…!
 思わず動こうとしたシャラの腕を、ハジャレンが掴み、低い声でささやいた。
 「何してるんだ!死にたいのか!?」
 鍵と笛のことを言うと、ハジャレンは一瞬迷ったが、すぐに首を横に振った。
 「だめだ!何かあってからじゃ、遅いんだぞ!」
 その時、近衛兵が眉をひそめつつも、踵を返して、帰っていくのが見えた。
 ハジャレンは、ほっと息をつくと、シャラを見た。
 「あまり、無駄に笛を吹いちゃダメだ。しかも今日から数日間に関しては、ああいう近衛兵が多くいるんだ。奴らは、かなり耳も目もいい。何かあったら、今みたいに助けてやるつもりではいるが、奴らはかなり強い。俺でもどうにも出来ないかもしれないってことを、絶対に忘れるな。今日は、いつもよりも警戒するんだ。分かったか?」
 シャラが神妙な顔で頷くと、ハジャレンは森の奥へと帰っていった。
 シャラは、戻ることも忘れて、ハジャレンが戻っていった道を、ぼんやりと見つめた。
 (ハジャレンは…お母様の本当の願いを知っている…)
 ぽつっと、そんな考えが胸に落ちた。
 『シャラ…あなたは、私の自慢の娘よ。ずっとそばで、見守れるといいのに…。』
 母は、父が亡くなったあと、よく自分を膝に抱いて、そう呟いていた。
 ハジャレンは、本人がもう叶えられない、リヨンの夢を知っている。
 大体、笛を吹いてすぐ、あんな早くに自分の元に来れるはずがない。
 本当に近くにいるのだ。
 いつでも、自分の元に来られるように…。
 また滲んできた涙を拭うと、踵を返し、獣舎へ戻った。
 『おかえりー!』
 カヤンが出迎えてくれた。
 ふっと微笑むと、カヤンに抱きついた。
 ふんわりとした、温もりに包まれながら、安堵のため息をついた。
 母の元にいる気分だった。
 母にも、こんな温もりがあった。
 ふと、さっきの近衛兵の顔が思い浮かんだ。
 感情を失った、冷ややかな目をして、無表情で辺りを見渡すあの兵…。
 母を亡くしたばかりの頃の、自分にそっくりだった。
 (誰かを…亡くしているのかしら…)
 三年経って、やっと今の所まで戻れたのだ…でも、それは、スフィルがいてくれたからだった。
 (あの人は…)
 そんな人がいなかったのだろうか。
 大切な人を亡くして、奈落の底に落ちた彼を、支え、引き上げてくれる人は、いなかったのだろうか…。
 実は、シャラが見たあの近衛兵こそ、ラル・シガンリーだった。そのラルの過去をシャラが知るのは、少しあとのことになる。
 シャラは、ぼんやりと竪琴を手に持ったまま、立ち尽くしていた。

「戒められし者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く