戒められし者

Memory☆彡.。

二十二.大切な味方

 シャラン…とカヤンの声が響いて、シャラは読んでいた薬学ノ書から顔を上げ、周りを見渡した。
 あたりの木々はすっかり色づき、赤や黄色で染まっている。 
 初めて見る美しい山々の光景に、歓声を上げたシャラだったが、サリムやリューサは、獣舎の外にも中にも、大量の落ち葉が入って来るから、この時期は掃除に追われる季節で、毎年大変なんだ、とため息をついていた。
 確かにその通りだった。
 最初の方は、それこそ楽しかったものの、今となっては、葉を落とす落葉樹を恨みさえする日々が多くなった。
 そんなシャラたちの恨みのこもった念とは裏腹に、カヤンは落ち葉がふんわりと積もった地面を歩くのが好きらしい。
 おかげで、一歩外に出ようものなら、身体中に落ち葉をくっつけて帰ってくるから、シャラが払い落としてあげないといけない。
 いつも文句を言うのだが、カヤンは聞こえないふりをして、いつも獣舎から離れた丘へと、遊びにいかされる。
 大きな木橋を通らなくてはならず、眼下に広がる崖を見ると、肝が縮む思いになる。
 カヤンは、ぴょんと軽く飛ぶだけで向こう側に行けるから、うらやましくて仕方が無い。
 今日も、広い丘を走って帰ってきたカヤンの身体は、案の定落ち葉まみれだった。
 シャラはため息をつくと、こう言った。
 「ちょっとカヤン…何回言わせるのよ。あなたは、私よりも身長が高いんだから、そんなにつけてきたら払えないの。ちゃんと払ってから、獣舎の中に入ってよ。あとから掃除するのは、私なの。分かった?」
 『もちろん。そんなことぐらい分かってるよ。』と返事をしたカヤンが、突然ぴたっと動きを止めた。
 「カヤン?」
 呼びかけても反応がない。それどころか、うなっているではないか。
 (森…?)
 獣舎の方角に進む方向に広がる、森の方を向いて、カヤンがうなっている。
 そっとカヤンの足元から除くと、すっと誰かが踵を返すのが見えた。
 その服装を見た瞬間、頭がすうっと冷たくなり、激しいめまいがして、シャラは音を立てて倒れた。
 『シャラ…シャラ…大丈夫?』
 我に返ったカヤンが鳴いているのを聞いたが、起き上がれなかった。
 (あれは…)
 トワラ星全体に派遣されている、アントナ国の近衛兵の服だった。
 (どうして…こんなところに…この場所は…ウォーター学舎の敷地なのに…)
 そこで、シャラは意識を失った。
 
 身体に何かかけられている。火にかけられた湯沸かしノ瓶の音が聞こえる…。
 そこまでわかった時、シャラは思い出したように目を開けた。
 目の前に、サリムとリューサがいた。二人とも青ざめて、こちらを見つめている。
 「シャラ…大丈夫か?」
 リューサの声を聞いた瞬間、丘でのことが思い出され、慌てて起き上がろうとした。
 すると、なにを思ったか、そのシャラの肩を、サリムが強く押さえつけた。
 「だめよ!まだ寝てなさい。激しい貧血を起こしているのよ。今も顔が真っ青なのに、無理してはいけないわ。」
 シャラは、口を必死で動かして、こう聞いた。
 「…カヤンは?」
 「大丈夫よ。リューサが獣舎にいれてくれたわ。あ、そうだ…シャラ、あなたどこにいたの?」
 どうしてそんなことを聞かれるのか、と思いつつも、いつも通り見渡しノ丘にいた、と答えた。
 サリムとリューサが、驚愕した表情で顔を見合わせた。
 「待って、それ本当なの?」
 頷くと、サリムはしばらく迷っていたが、やがて口を開いた。
 「だからカヤンがあんなことを…」
 「カヤン?カヤンが何をしたのですか?」
 サリムはため息をつくと、こう言った。
 「あなたを口にくわえて、飛んできたのよ。いつもとは違う泣き方をしていたから、おかしいと思って外に出た瞬間、私もリューサも固まったわ。カヤンの口元にあなたがいるんだもの。でも、リューサがはなせって言ったら、素直にはなしたから傷つけるつもりはなかったことがわかってね…。ずっと困惑してたところなの。」
 シャラは寒気を抑えることが出来なかった。
 (カヤン…)
 こらえきれずに、涙が頬を伝った。
 (なんてことを…)
 アントナ国の近衛兵がいるかもしれない森の上を、自分をくわえて飛んだというのか…。
 カヤンの親切心が分かっても、恐怖しかなかった…。
 「え…シャラ?…リューサ、ちょっとシャラと二人だけにしてくれない?」
 リューサは無言で頷き、部屋を出ていった。
 「シャラ、しっかりなさい。何があったのか、話してくれる?」
 シャラは嗚咽をしながらも、ゆっくりと話し始めた。
 「見渡しノ丘のすぐ横に、小道が通る森があるでしょう?…あそこに、アントナ国の近衛兵がいたのです…それを見た瞬間に…貧血を起こして…」
 サリムの顔が瞬時に青ざめた。
 「なん…ですって…?」
 サリムは立ち上がると、机の引き出しを開けた。
 (ここ…学長室…?)
 あたりを見渡すと、歴代の学長の写真が飾ってあるから、間違いないだろう。
 「あった…これだわ…。シャラ、起き上がれる?これ、読んでみてほしいの。」
 ゆっくりと起き上がり、その紙が手記ノ紙だということを知った。
 裏には、マーサー・アントナではなく、トワラ星各国ノ王と書いてある。
 「なにこれ…事が…大きくなってるような…」
 サリムが頷いた。
 「その通りよ。…どうやらあなたの返答を書いた手記ノ紙を、マーサーはつい先日あったと言われている、王ノ会議に通したみたいなのよ。無茶なことをするわね…本当にありえない。」
 サリムの声を聞きながら、封を切り、声に出して読み始めた。
 「親愛なるシャラへ
 先日、そなたからの返答をもらい、そのまま王ノ会議へと通した。
 全員、特にリーガンは苦しんでいた。
 そして、そこから会議を進めた結果、ウォーター学舎に我々が赴くのはどうか、という案が出た。―」
 この先は、何も頭に入ってこなかった。
 「シャラ……見てもいい?」
 頷いた自分の手から、サリムがそっと手記ノ紙を取ったのがわかった。
 「…なんてこと…マーサー王は何を考えているのかしら…。ここに来るですって?近衛兵だけでは足りないっていうの?…どうして……シャラのことをどれだけ苦しめれば済むのよ…。」
 サリムは怒りよりも落胆の方が大きいようだった。
 シャラは、寝具の上で手を握りしめた。
 (お母様…)
 もう遠くなった母の顔が浮かんだ。
 (私はどうすればいいの?)
 母が自分と同じ立場ならどうするだろうか。
 決まっている。その現実を受け止めて、マーサーたちを招き入れるだろう…。
 まだ、城に住んでいた頃、母に聞いたことがある。辛い時や迷う時には、どうすればいいのかと問うた時、母はいつも話してくれる時のように、自分を膝に抱えてゆっくりと話してくれた。
 『シャラ…人間は誰しも、迷うことがあるし、辛くなる時もあるわ。でも、それをどうやって対処するかによって、その先の道が決まってくるのよ。』
 あの頃は、スフィルがいなくなり、アーシュが逝去したあとだった。
 激しいショックを受けたリヨンとシャラは、一緒に様々なことを話すことで、気を紛らわせていた。
 『私は…迷う時、辛い時には、空の星を見上げるのよ。』
 あの時、瞬時に不思議な話だと思った。
 星になんの意味があるのか…。
 そう思って問うと、母は微笑を浮かべながら、こう話してくれた。
 『こういう詩があるのよ。[輝きたる星の光、美しくとも神秘なる光なり。そなたが迷いしその時、この光を眼中に入れれば、そなたを正しき道へ歩ませる。]っていう詩。あなたは知らないと思うわ。…これは、魔術ノ民にまだ私がいた時、教えてもらった詩なのよ…。』
 『え?…誰から教えてもらったの?』
 『私のお兄さんよ。』
 この時だけは、さすがに驚いたのを覚えている。
 母に兄がいたことなど、初めて知ったことだったのだ。
 シャラの顔を見て、変な顔、と笑いながら話してくれた。
 『私の本当の名前は、リヨン・バス・アスジオというのよ。リヨンが名前で、アスジオが苗字っていうのはわかる?…バスっていう部分は…魔術ノ民という大きな集団の中で、いくつかの少人数族に分かれているんだけど、その少人数族の名前をいれたものなの。私の場合は、バス族だから、バスって入っているの。つまり、私はバス族のアスジオ家に生まれた、リヨンという人ってわけ。』
 そこで、ふっと視線を落として、リヨンはこう言った。
 『私の兄は、ハジャレン・バス・アスジオというのよ。私は、ハジャ兄さんって呼んでたわ。私と同じで、止め笛を嫌っていたから、本当に近い存在でね…操りノ術も本当に上手だった。…よくこうやって話したわ。その時にあの詩を教えてもらえたのよ。』
 ふいに、目の前がにじんだ。
 母は、味方がいないわけではなかったのだ…それでも、止め笛を嫌う気持ちの方が勝り、一族を捨てた…。
 そうすることで…母は最後の味方を失くしたのだ。自分がアーシュと結ばれることによって、一族に害が及ぶのを恐れて…自分は破門される道を選び、自分から味方を失くした…。
 それでも、禁忌だけは母の頭から離れなかったのだろう。
 だから…生けにえノ刑のあの時でも、大罪を犯すと言って、自分は死を選んだ…。
 母も、王家に嫁ぐ時、こうやって迷ったのだろうか。苦しんだのだろうか。
 自分が娘の目の前で死ぬとわかった時…あの時母は迷っていたが、その時母は、無意識に空を仰いでいた。
 (空が明るくて見えずとも…母は星を見ていた…)
 あの時母の頭には、兄のハジャレンの顔が浮かんでいたに違いない。
 こらえていた涙が、溢れて寝具の上に落ちた。
 自分が、ウォーター学舎に行くという王たちの案を受け入れれば、サリムもリューサも、間違いなく大きな曲がり角を曲がらされる…。
 そんなことだけは絶対にしたくなかった…もうこれ以上、自分の身の周りにいる味方を…大切な人を失いたくなかった…。
 声を殺して泣いているシャラを、サリムは何も言わずに抱きしめてくれた。
 「シャラ…私とリューサで、ぎりぎりまで粘ってみるわ。抗議と反対の意思を込めた手記ノ紙を送り続けてみる。…もしかしたら、最悪な結果を招くかもしれない。でも、忘れないで。いつでも私たちはあなたの味方。近衛兵には気をつけて、これからもカヤンと過ごしなさい。…私たち、ウォーター学舎のみんなを信じて…お願い…。」
 シャラは頷いた。
 この味方を裏切らない。
 そうやって決めた。母のようにはならない。頑張ってみせる。
 外では雨が降っていた。

「戒められし者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く