戒められし者

Memory☆彡.。

十四.カヤンとの出会い

 シャラが来て、はや三日。
 サリムが、見せたいものがある、と言って、シャラを誘導してある場所に連れていってくれるという。
 歩きながら、サリムが口を開いた。
 「ねえ、シャラ。イシュリという獣を知ってる?」
 シャラは、うつむいて頷いた。
 リヨンが…スフィルが…それぞれ違うところで教えてくれたのだ。
 一度、野性のイシュリを見たこともあった。
 リヨンと久しぶりの外出で、山に行ったのだ。そこでシャラが貧血を起こし、谷間で休んだ時に何かが空を飛んでいった。
 それは、大きな鳥型の獣-イシュリだった。
 純白に羽根が輝く獣…その時は既に夕暮れで、夕日を受けてオレンジと赤が白い羽根の色と混ざりあって、幻想的だったのをよく覚えている。
 ―実はね…イシュリも、止め笛で気絶させることが出来るのよ。
 リヨンの声が、唐突に蘇ってきて、思わず目を閉じた。
 ―私がまだ『魔術ノ民』だったころ、たくさんイシュリのことを操ったわ…。この『操りノ笛』でね…。野生の獣は、止め笛で気絶させることが出来ないのよ。…だから、カウン国で飼われているイシュリなどの獣たちは、本当は獣ではないのよね。人間という生き物に操られている、憐れな生き物の一種に過ぎないのよ…。
 あの時の、母の悲しげな顔と声が鮮明に思い出された。
 そして、あの時に初めて操りノ笛の存在を知ったことも、なぜか思い出された。
 ―シャラ、これだけ約束してほしいの。操りノ笛、そして私がこの前教えた指笛での操り方。この二つを使うことは『操りノ術』という、『魔術ノ民』の中では禁忌とされている術なの。これを使った場合、死に値する大罪となるわ。絶対に使ってはだめよ。
 シャラは、眩暈がして思わず座り込んだ。
 「シャラ!?」
 大丈夫、と手で示してから、シャラは目を開けた。 
 母は、その大罪を犯してまで、自分を助けたのだ…。そして、母自身は死を選んだ…。
 「もう、大丈夫です…少し眩暈がしただけです…。ごめんなさい。」
 そう言うと、また二人は歩き出した。
 「ここよ。入ってくれる?」
 そう言われて入ると、檻があり、その奥に何かがいるのが分かった。
 突然誰かが入ってきて驚いたのだろう。慌ただしく動いている。
 (何…?)
 サリムがささやいた。
 「あれがイシュリよ。名前はカヤン。希望っていう意味ね。ちょっと待っててね。今から餌やりの時間なの。」
 そう言うと、サリムは懐から純白の細い何かを取り出した。
 シャラはそれを見て、すうっと身体が冷たくなったのがわかった。
 (あれは…)
 母があの日、炉に投げ入れた止め笛と瓜二つだ…。
 サリムがその笛を口に当てて、息を吹き込んだのがわかった。
 ピー…!
 全く同じ音がした…そして、カヤンはその音が聞こえた瞬間、ぴたっと静止した。
 すると、サリムがすっと動いて肉塊を、檻の中に無造作にほうった。
 「これで終わりよ。さあ、出ましょう。」
 外に出ると、優しい日差しが二人を包み込んだ。
 「あの…あの子は…?」
 おずおずと聞くと、サリムはこちらを一瞥するなり、静かに話し始めた。
 「あの子は…カヤンはね、まだ幼獣なの。親に捨てられたみたいで…一人ぼっちで巣に取り残されていたのを、捕獲隊が見つけて保護したの。」
 胸にひんやりとしたものが触れた気がした。
 自分は親に捨てられたわけではないが、様々なことで両親を亡くした。
 だが、その事よりも頭に残っていたのは、あの笛とその音だった…。
 「あ…あの笛は?」
 サリムは笛を取り出すと、それをなんの感情もない目で見つめながら言った。
 「ああ、これのこと?これは、止め笛って言うの。これで気絶させてから、餌やりをするのよ。一応幼獣とは言えど、危険な獣なのは変わらないんだもの。でも、最近は餌を食べてくれなくなったわ。」
 落胆しているようなサリムの声に、シャラは寒気を感じつつも、当たり前だと思った。
 気絶させてから餌をくれる。そんなことをしてくる人があげる餌など、食べてくれるはずもない。
 しかも、あの笛は母があの日、暖炉の中に投げ込んだ止め笛と、全く同じなのだ…。
 そんなものを、幼獣に使うとは…!早くやめないと、カヤンは一生餌を食べてくれないだろう…。
 (でも、どうすればいいの?)
 母が教えてくれた「操りノ術」など、使えるはずもない。
 シャラは、部屋の戸棚にしまってある、銀色の笛のことを思った。
 首飾りの中に、細い銀色のものが混じっているのだ。
 それこそが「操りノ笛」という、母が自分を助けるがために使った笛だ。
 吹き方によって、獣の動きが変わるのだ。
 他にも、その場で笛が使えなかったり、笛を持っていない時に使える術も習った。それこそ、指笛での操り方だ。
 母は、懐の奥に隠し持っていた「操りノ笛」があったために、それを使ったが、もし無ければ指笛での操り方を使っていただろう。
 (カヤン…あなたは幸せなの?私は、そうは思えないわ…。)
 そこまでカヤンに、心の中で語りかけてからふと思った。
 幸せとはなんだろうか…。
 シャラは、たとえ辛い暮らしだったとしても、人生だったとしても、その本人が幸せだと思えば、幸せなのだと思っている。
 ふと、遠い記憶がよみがえってきた。
 母が勉学を教えてくれていた時、幸せについて語っていた記憶だ。
 ―「シャラ、幸せは虹を思い浮かべるとわかりやすいわよ。虹を見ることができると、幸せになれるって言うでしょう?私が教えてもらったのは、虹というのは七色で構成されている。七色あれば、色はほとんど無限に作れる。だから虹は、自分が持つ色だけで好きな色を作れる。色は、混ぜ方によって印象が変わる。そんな色の変化を自分で思うがままに作れる。だけど、虹は一つ一つの色をしっかりと独立させているわよね。そんな優しさ溢れる虹を見れるなんて幸せなことなのよ。…人間も、人によって性格は違うでしょう?例えば、いつもはっきりと言ってほしい人、優しい言葉じゃないと心が折れてしまう人、頼りにされたい人…色々といるわよね。その性格という色に合わせて、人と接することが出来る人―混ぜる色を変えることが出来る人は、かけがえのない友人をたくさん作れるという幸せが待っているわ。だから、忘れないでほしいの。虹のように、色ごとに対応を分けれるようなあたたかい人が、幸せをつかめるってことを…。たくさんの性格が、色が、それぞれ混ざりあえば、最高の色が作れるってことを…。シャラにはそういう子に育ってほしい…。忘れちゃだめよ。わかった?」
 あの時は、何を言っているのだろう…という思いだったが、今になってやっと分かる。母が伝えたかったことが…。
 カヤンにも、同じことを伝えてあげたい…カヤンに、幸せというものを理解させて、幸せだと思ってほしい…。
 「あの、サリム先生!」
 初めてのシャラの大声に、サリムが驚いてこちらを見た。
 サリムの顔から目を離さずに、こう言った。
 「私に、カヤンの世話をさせてくださいませんか?」
 サリムの顔が、一転して険しくなった。
 「何を言っているの?まだ未熟なあなたに、カヤンの世話ができるわけがないでしょう?」
 シャラは、ひるむことなく話し始めた。
 「私は、カヤンの世話の仕方に大きな疑問を抱いています。餌を食べてくれない?そんなの、当たり前だと思いませんか?何か甲高い音が聞こえた瞬間に、気絶してしまって、目を覚ましたら餌が置いてあるんですよ?そんなことをされながら、簡単に餌を食べてくれるなんて、私は思いません。イシュリは、驚くほど賢い獣なんです。カヤンは、子供心にも恐ろしさを感じているんだと思います。そんな急に出てきた餌を、警戒せずに食べるはずがないと思います。…私にひと月の猶予を与えてください。私なりの世話をしてみます。そして、ひと月以内にカヤンが餌を食べるようになったら、その後も私にカヤンの世話を、任せてください。」
 サリムは、険しい顔を崩さずにこう問うた。
 「すごい自信を持っているわね。どうしてそこまで、分かりきったことを言えるのかしら?」
 シャラは、草むらに座ると遠くを見るような目で話し始めた。
 「私は、あの作文に書いたとおり、王家の生まれです。母が『魔術ノ民』の生まれでもありましたから、王家の勉学だけではなく、『魔術ノ民』の術についても教えてもらいました。その時、イシュリなどの獣についても教えてもらえたのです。…たとえ獣でも、しっかりとした心を持っているのだということも。母はこう言っていました。『獣だから、危険だからという人間の勝手な思いのせいで、操られる獣は憐れだわ…』と。私は、母が処刑される前日、母と初めてしっかりと話しました。母も、止め笛を持っていました。それを私の目の前で、暖炉の中に投げ込んでいたのを、今でも鮮明に思い出せます。母は、獣を操ることを嫌っていました。操る生活が嫌になったことが、一族から離れた本当の理由だったのだそうです。…その後、母は一族の中で禁忌とされ、死に値する大罪ともなっていた術を使い、私のことを助け、自分は死を選びました。母は生前、操らずに、禁忌を犯さずに獣の世話をすることを、心から願っていました。しかし、その願いを叶えることなく、母は逝きました。…母の願いを叶えたいのです。そして、カヤンに本当の獣として扱われることの、幸せを知ってほしいのです。…たとえ両親を亡くしたとしても…辛い人生だったとしても…幸せになれるってことを…知ってほしい…。私だって…父を亡くし…兄が勘当されていなくなり…母が目の前で国の身代わりとして処刑され…それでも…兄と再会して…短い時間だったけど…共に暮らせて…心から幸せだと思えました。…次は…カヤンにそれを感じてほしい…。どうか、お願いします…。」
 サリムは、息をするのも忘れて、涙を流しながら頭を下げているシャラのことを見つめていた。
 (この子は…)
 本当に十三という年齢なのか…そんな疑問が頭を駆け巡った。
 それに、シャラのここまでの人生はどうなのだろう…十三歳で、幸せのことなど考えるだろうか…。
 「わかったわ…。カヤンの世話を、頑張ってしなさい。カヤンが心を開いてくれるといいわね。」
 そう言うと、止め笛を渡した。
 シャラは、それを握りしめながら、深々と頭を下げた。
 だが、このカヤンとの出会いが、後にシャラの歩む道を大きくねじ曲げてしまうことになってしまうのだった…。

「戒められし者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く