戒められし者

Memory☆彡.。

五.最後の言葉

 「死ノ池」には、すぐについた。
 まだ夜が明けきっていないため、周りは、夜目が効く自分ですら、ほとんど見えないほどに、真っ暗だった。
 急にすぐ横で声がして、慌ててしゃがんだ。
 幸い周りには、背の高い草が生えていたために、シャラが見つけられる心配はなかった。
 「そろそろ連れてこい。あと少しで処刑の開始時刻だからな。」
 二人いるのだろう。
 もう一人が、ぼそぼそと何かを言ったのがわかった。
 それを聞き終えた最初の指揮官らしき男が、低い声で言った。
 「…何だと?城から、王女が消えた?」
 シャラは、びくっと体を揺らした。まさか、もう気づかれたのだろうか…。
 指揮官らしき男は、ふっと嘲笑うと言った。
 「まあ、いいさ。どのみち、もう母親には、会えんだろうからな。…ああ、連れてきたか。舟はこっちだ。ここまで連れてこい。」
 シャラは、ふと気づいた。この兵の声に、聞き覚えがあるのだ。
 (そんなこと…)
 絶対にあるわけがない。
 「生けにえノ刑」を行うのは、アントナ国出身の者だと、聞いたことがある。自分は、まだ一度も、カウン国の外に出たことがないから、アントナ国の者の声など、聞いたことがないはずなのだ。
 そっと、草の間から覗いた。
 薄暗くて見えづらかったが、目が慣れてきた今なら、大体わかる。アントナ国の衣だった。
 さっきの指揮官らしき男に、別の兵が話しかけた。
 それを聞いた瞬間、思わず声をあげそうになった。
 「準備完了です!…そういえばリーガン隊長、マーサー王が、リーガンはちゃんとやっているのか、ともうしておりましたよ。」
 (…リーガン?)
 もう一度しっかり見ると、指揮官らしき男は…リーガンだった。
 リーガンが、苛立った声をあげた。
 「何で、そんなことをあいつが心配するんだ!あいつは、俺の親じゃない!余計な心配はしなくてもいいって、伝えておけ!もう夜明けだ。行くぞ。」
 兵たちがどこかに行くのがわかったが、シャラは動けなかった。
 (マーサー?つまりリーガンは…王家の息子?そして立場的には…王子?私と同じ立場だった?)
 ならば、どうして自分に仕えていたのか。スフィルと同じ状況だということなのか。
 パーン!パーン!という聞き慣れた音がして、シャラは我に返った。
 そっと水辺まで行くと、短刀を腰にさして、短靴のまま水に入った。かなり冷たい水で、すぐに手足の先が痺れた。
 この中に母が入れられてランギョに食われると思うと、身の毛がよだつ思いになる。
 水音がした。母が池に落とされたのだ。
 その音に向かって、必死に泳ぎ始めたが、かなり遠い…急いでいかないと、母がランギョに食べられてしまう。
 シャラは、浮いては沈んでを繰り返しながら、母の方に向かっていった。
 
 リヨンは、必死に城の方向に目をやろうとしていた。
 シャラに伝えなくてはならない…リーガンが危険だと。
 だが、バルコニーに、シャラの姿はない。
 (シャラ…どこに行ったの?)
 昨日は、一日中拷問をされた。
 そして、背中を深く刺されてから、水の中に落とされたのだ。
 背中は見えなくとも、血が流れていくのがよくわかる。
 (もう…無理…。)
 痛みと眠気で、意識が遠のいていく…。
 失いかけた意識を、何とか引き戻し、必死で目をこじ開けたリヨンは、血の気が引くのを感じた。
 何かが向かってくる。
 (まさか…ランギョが…もう?)
 いや、よく見ると違う。それが何であるかわかって、リヨンは愕然とした。
 (シャラ…!)
 見間違いではない。シャラだ。愛する娘だ。
 ここから岸までは、かなり離れている。ここまでに、どれほどの長い時間をかけて、泳いできたのだろう…。自分を助けるためだけに、こんなに危険な池に入ったというのか…!リヨンは、目が熱くなるのがわかった。
 無駄だとは思ったが、必死でシャラの方に進もうとした。
 「シャラ!おいで!」
 シャラは浮きつ沈みつ、進んでくる。泳ぎが得意とはいえ、服を着たまま、これだけの長い距離を泳いでいるのだ。体力が持たないのだろう。
 その数秒後、何とかシャラはたどり着いた。
 シャラは激しく咳き込みながらも、こう言った。
 「お…お母様…。手の…縄を…切りま…す…」
 「切るって…こんな水を吸った太縄、そんな簡単には切れないわよ?一体どうやって…」
 シャラは、得意気に腰から短刀を抜いた。
 「それは…アーシュの…」
 朝日に照らされ、光る短刀を見た瞬間、リヨンの目に涙が溢れた。
 アーシュからもらった、シャラの宝物だ。自分を助けるためだけに、持ってきたのだ。
 「大丈夫?潜らないと無理だけど…。」
 シャラは頷くなり、息を止めて、リヨンの手元に潜っていった。
 シャラが縄を切っているときに、リヨンはふと気づいた。
 岸から大勢の人が見ている。
 この刑の傍観者たちだ。ほとんどがカウン国の民だ。
 その集団の先頭で、馬に乗ってこちらを見ている者がいる。
 シャラに気づいたのだろう。真っ青な顔をしているのが、ここからでもよくわかる。
 見慣れたその顔を見て、リヨンはため息をついた。
 (リーガン…。)
 裏切り者、と心の中で罵った。あれほど信頼していたのに、いとも簡単に裏切った、シャラの側近だ。
 (シャラが、どれほどあなたを信頼していたか、あなたにはわからないでしょうね。どれだけ、愚かな男なの。)
 そこまで罵ったとき、手が自由になったのがわかった。
 シャラが縄を切り終わったのだ。
 苦しそうに水面に浮かんできたシャラを、リヨンはきつく抱き締めた。
 「ありがとう…本当にありがとう…。怖かったでしょう?寒かったでしょう?こんなに体が冷えきって…ごめんね…守ってやれなくて、本当にごめんね…。」
 シャラの短刀を借りて、足の縄もさっと切ると、短刀を鞘に入れて、ささやいた。
 「行くわよ。逃げましょう。」
 だが、泳ぎはじめてすぐ、わずかな水の流れを感じて、リヨンは動きを止めた。
 (まずい…)
 ランギョがいる。
 そっと波をたてないようにして、後ろに戻り始めた。
 と、小さな水音が、背後で聞こえた。
 リヨンは、真っ青な顔で周りを見渡した。
 嫌な予感が当たった。二人の周りは、ランギョでいっぱいになっていたのだ。
 リヨンは、そっとシャラを見た。
 今、自分の身に何が起こっているのか、理解できないのだろう…怯えと不安が入り交じった顔をしている。
 リヨンは唇を噛んだ。
 ―生きるか死ぬか。
 それは一番決断しがたいものだった。
 ここで共に死んでもいい。この子の目の色は、行く先々で、この子を苦しめることになるだろう。
 自分も、どこまで苦しんできたかわからない。
 そんな苦しい人生をシャラには送ってほしくなかった。
 そう考えると、二人でこのまま死んだ方が、まだ、ましなのかもしれない。
 その反面、二人で生き延びて、共に幸せな人生を送りたいという気持ちもあった。
 シャラは、まだ十歳。
 そんな幼い歳で、母親を亡くすなど、耐えられないだろう。
 だが、こんな深い傷を負った自分が、助かる望みなど、ほとんどないに等しかった…。
 たとえ助かったとしても、自分は長くないだろう。
 それでも、シャラの人生はまだ長い。
 (たとえ、どんなことがあったとしても、シャラには、幸せになってほしい。なんとしてでも、生きのびてほしい…。)
 一つだけ…たった一つだけ、シャラを助ける方法がある。
 リヨンは、迷いに迷っていた。
 『リヨン、いいか?よく聞け。この方法は、禁忌だ。決して人前で使ってはならないものだ。もし、これを使えば、死に値する大罪となるということを、忘れるな。』
 自分が、そうやって厳しく教え込まれ、シャラにも、そうやって教え込んできた。
 今、自分が考えていることを実行すれば、シャラが絶望するのは確実だ。
 その術を使う=自分が死ぬ、ということなのだから。
 リヨンは目をつぶって、心の中でアーシュに語りかけた。
 (アーシュ…あなたならどうする?)
 アーシュなら、どんな方法を使ってでも、シャラのことを助けるだろう。たとえ、自分が死ぬとしても…。
 もう葛藤は、無くなっていた。
 自分の手から、無意識に滑り落ちたのだろう。短刀を見つけ、鞘の中に収めてから、シャラの腰に差し込むと、早口でささやいた。
 「シャラ。ここからは私の言うことを、必ず聞いてちょうだい。今から、特別なものを使って、あなたのことを助けてあげる。そして、このカウン国から逃がしてあげる。この国にいたら、あなたも殺されてしまう。でも、私が今からすることを、この先絶対にしてはならない。私は、死を選ぶものとして、ふさわしいものを使うのだから。」
 シャラは、母が何を言っているのか、さっぱりわからなかった。
 「それは、どういう…」
 何かを言いかけたシャラを、手で止めると、リヨンは静かに、止め笛とは違う、銀色の笛を出して、口に当てた。
 (『操りノ笛』…!)
 それを見た瞬間、シャラは母の言葉の意味を、全て悟った。
 「お、お母様!それは、使ってはだめ!」
 シャラの叫び声が聞こえたが、聞こえないふりをした。そして、深く息を吸い込むと、笛を力いっぱい吹き鳴らした。
 ピィー…!
 高々と、笛の音が池に響き渡った。間髪いれずに、さらに抑揚をつけて吹き鳴らした。
 その瞬間、ランギョたちが一斉に動きを止めた、と思いきや一匹のランギョが、こちらにすうっと近づいてきた。
 「えっ…」
 「大丈夫よ。シャラ、ランギョの背に乗りなさい。…そう、上手よ。」
 リヨンは、乗るときに抜け落ちた短刀を、腰に差し直してくれた。
 やっとのことで乗ると、シャラは、母に向かって手を差し出した。
 「お母様!捕まってください!」
 だが、リヨンはその手を取らなかった。そのかわりにシャラの顔を見て、静かに微笑み、ゆっくりと首を横に振った。
 その目は、優しさと悲しみに満ちていた。
 シャラは、はっとした。
 『私が身代わりになるから、行きなさい。』
 母は、そう言っているのだ。
 自分はここで死ぬから、あなたは生きなさい、ということを。
 シャラの目に涙が溢れた。
 あまりにも突然すぎる別れ。まだ一緒にいたかった。
 でも、それはもう、叶う願いではない。
 母とは、ここで別れなのだ。もう会うことはない。
 今から母が自分を逃がしてくれる…恐らく自分は助かるだろう。
 だが、母はここで一生を終えるのだ。
 シャラは涙を流しながら、手を差し出したままだった。
 リヨンは、シャラの手をそっと下ろした。そして、もう一度静かに微笑んだ。
 「シャラ…あなたは幸せになれる。だから、生き延びて幸せになりなさい。愛してるわ。」
 そういうと、シャラが何かを言う間もなく、笛を吹いた。
 笛が鳴った瞬間、ランギョは河に向かって、凄まじい速さで泳ぎ始めた。
 何もできなかった。捕まっているのがやっとのスピードだった。
 「お母様!お母様!」
 焦って叫ぶと、背後から、母の声が聞こえた。
 「振り返ってはだめよ!前を向いて捕まっていなさい!あなたは幸せになれる!生きて幸せになりなさい!」
 それが、母の最後の言葉になった。
 母がそう言った瞬間、後ろで水柱が上がる音が聞こえた。
 見たくなかったが、見ずとも分かる。
 母に、ランギョが襲いかかったのだ。
 「嫌だ…お母様!お母様!」
 必死で泣き叫んだけど、もう何も返ってこなかった。
 そのままランギョは池から流れ出る河に乗って、カウン国から出ていった。
 そのランギョを、シャラはおろか誰も止めることはできなかった。

「戒められし者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く