少年の小言

白い線香

縄の先の花畑

私は死ぬことに決めた。
毎日の学校での扱い
私が醜く思えた。
自分が醜く思えた
自分すらも嫌いになるなら
死のうと決めた
縄をかけ結んだその先には
花畑が見えた。
綺麗だった。
今の現世はとても汚く見える。
縄の先に行こう。
そうして私は花畑に向かった

「少年の小言」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く