少年の小言

白い線香

無の欲求

知られれば知られるほど僕は嫌われた。
知れば知るほど僕は嫌った。
何もかも知らないほうがいい知られないほうがいい。
どうせ嫌われるなら
どうせ嫌うなら。
好きなものも好かれた自分も
知ることと知られることで嫌われた。
無知がいい。
無知でいさせてくれ
知ってどうせ辛くなるなら
知らなくて馬鹿にされるほうがマシだ。
君を僕は知りたくない
君に僕を知られたくない。
君が嫌いになるのも
君から嫌われるのも嫌だから。
無知で
いさせてくれ

「少年の小言」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く