少年の小言

白い線香

愛の重さ

愛だけあっても
認められない僕は自分を責めるだけなんだ
信頼に報いることさえできずに
親の愛を恩返しすることさえできずに
そんな僕を僕が呪う
そしたら僕には傷が付く
そこにあなたが塩を振る
愛の鞭だよね
信頼するから
僕が立派になってほしいから
叩くんだよね
僕は悪い子だ愛れているのに不満があるなんて
そんな僕とはおさらばだ
両手を合わせて
死んでしまおう
ここで終止符を打とう
愛の重さに耐えられないから
こんな悪い子でも誰かに認めてほしかった
愛があっても
繕った笑顔で生きることになっちゃうのは何故だ
悪い子でごめん
悲しまないで僕が悪い
いい子になるから
認められないそれでも
愛に縛られて生きていくしかない

「少年の小言」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く