彼女が俺を好きすぎてヤバい

北西時雨

うまく言えないが、とにかくヤバい。(2)

「つーばーさーくーーん」


 か細い声とともに、トン……トン……と、窓を叩く白くて小柄な手のひら。
 どうやってここまで? いったい何をしに? 沢山の疑問が浮かぶ中、彼女が続けて言う。


「夜這いにきたよぉ」
「帰れ」


 迷わず即答する。


「なんで!?」
「目的にたいして一番危険で成功率が低い方法を使う奴があるか」


 相部屋の男子寮なんて、俺以外の奴が部屋にいたらアウトな上に、見つかったら退寮ものだ(俺が)。


「心配しないでぇ。ドアは開かないようにしてあるからぁ」


 語尾にハートマークを付けるくらいの甘い声とは裏腹に、物騒なことを言う。慌てて確認すると、廊下に出るドアは、鍵もかかっていないのにびくともしなかった。


「でも、誰か来る前に中に入れてぇ」
「断る」
「銀髪碧眼の眉目秀麗なつばさくーん。お部屋に入・れ・て」
「黒髪猫目の天真爛漫なはるかさん。見た目を誉めても開けませんよ」
「しょうがない……。【施錠解除おぉぷーーんせさみー!! オープン!】」


 はるかが叫びながら指を下から上に振ると、鍵が独りでに動いて解錠される。
 ガラリと窓が開く音がして、カーテンの向こうから薄手の下着ベビードールを着た華奢な少女が、夜風にショートボブをなびかせて、部屋に滑り込んできた。


「【荒縄でー、拘束!】」


 はるかが続けて叫ぶと、彼女が後ろ手に持っていた縄が蛇のように波打ち、瞬時に俺の体に巻き付いた。急に身動きが取れなくなった俺は、なすすべもなく背後のベッドに倒れこむ。


「さァ、観念するのデース」


 倒れた俺の上に馬乗りになったはるかが、怪しげな声を出しながら、ズボンのボタンに手をかける。俺は懸命に止めようとする。


「まーっ! ちょ、まって」
「待たないもーん」
「いやいやいやいや。なんだこれ。ギャグ? お前がやろうとしていることと、この絵面のギャップ!」
つばさくんが混乱しているうちがチャンスなのでーす」
「意味分かんねえよぉ!」
「ぬふぬふ」


 経験上、こいつがこういう謎の擬音を使った笑い方をしているときは、何を言ってもダメだ。
 しょうがないので、深くため息をつき、深呼吸をし、なるべく落ち着いてから静かに話しかける。


はるか


 俺の声に、彼女の手がピクリとして止まる。


「ほどいてくれないか?」


 優しく語りかけたつもりだったが、はるかは悲しそうな顔で首を横に振る。
 ダメ押しに、小首をかしげながら切なげに言ってみた。


「これじゃあ抱きしめることもできないだろ?」


 俺たちはしばらく黙って見つめあうだけだったが、彼女が観念したように下を向いたまま俺にかけた縄をほどいた。


 俺がほどけた縄を振り払って脇にどけている間、はるかはずっと俯いている。
 縄をどけて、そっと両腕を広げる。はるかが無邪気に俺の胸に飛び込んできた。


 そんなはるかを、シーツで受け止める。


「!??」


 混乱しているはるかをよそに、手早く簀巻すまきにして、さっきの縄でぐるぐる巻きにしていく。


「のー! のー!!」


 はるかが自分のおかれた状況に気づいて騒ぎ出したときには、作業が完了し、俺は放置していた紅茶をすすっていた。はるかが来る前に淹れたものは、すっかり冷めていた。


「ふえーん……ふえーん……」


 あまりにも悲しげに泣くので多少の罪悪感にさいなまれる。


 頭を撫でてなだめながら、ひとまずドアを解除してもらおう……、と口を開く前に、激しくドアを叩く音が聞こえた。

「彼女が俺を好きすぎてヤバい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く