人間として転生した元創造神〜テンプレ通り、人生という名のストーリーを急ピッチで進めていく〜

和羽

25話~復活




 「……あんた、生き返りたいか?」

 「…まあ、そりゃあな………」

 「わかった。生き返らせよう。だが、次はないぞ?」

 「…………?」
 俺が、どういうことだ。と首をかしげていると、ホモが

 「俺様はもう時期、俺様じゃなくなる…分かるんだ。自分の体が、自分より圧倒的強者に支配されていく感覚が………」

 「……………」

 「…だから、本当の俺様と会うのは、これで最後だ………蘇生」

 刹那、視界が光で覆われ、気がつくと、俺は人間人族の国にいた。


 国民は怯えた様子で体を縮め、これでもかと言うくらい震えていた。


 「何があった…?」

 「あははっ…あなたがこうね?悪いけど、記憶、改ざんさせてね?」

 「は?」


 瞬時、紅に染まり、人間として転生してからの記憶が液晶のようなものに、早送りの映像みたいにながれだす。


 頭が…回らない………


 



 


 「んっ………よく寝たぁぁ。」

 「おはようー」

 「おはよう、めぐり。」

 「うん、おはよう、こう。朝ごはんできてるから、早く来てね。」

 「りょーかい、すぐ行くわ。」






???「記憶の書き換え・・・・には成             功したのか?」

???「ええ、もちろんよ。」

???「次からはこんな不具合・・・起こさないように気をつけてくれよ」

???「わかってる。」




 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。最近、短めのが多いですが、次は長く書けるように、努めます。

「人間として転生した元創造神〜テンプレ通り、人生という名のストーリーを急ピッチで進めていく〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く