人間として転生した元創造神〜テンプレ通り、人生という名のストーリーを急ピッチで進めていく〜

和羽

19話~お約束




 俺はロリ天使と別れてから、数分がすぎた頃、帰ろう。と思った。

 第一、オークには内戦を仕向けたのだ。

 俺が向かう必要性は皆無。


 ならなぜ向かったか?他国の見張りがいるからだ。

 俺はそこまで戦闘能力にたけていない。そんな中、他国のやつにずっとストーカー行為にあっている。

 ドワーフを手に入れた幼き王。そんな謎だらけの人物に手を出すやからはいない。が、なんとかして情報を探ろうとするはずだ。

 ストーカーをふりはらう方法を考えていたが、さっきのロリ天使のおかげであっけなく逃げていった。


 なら、俺は帰ってお昼寝すべし。


 さあ、家に帰ろう。






 こうして俺は迷子になった。何故だ…何故なんだ……

 …こうなったら……本能に頼るしかない!さあ、帰り道はこっちだ!

 



 
 こうして俺は森で泣いていた。

 「ここどこなんだだよぉ〜」

 「どうしたの?」

 「ぬっ!?」

 いきなり声をかけられたので、驚いて変な声を上げてしまった…いや、だからってなんだよ「ぬっ!?」って、「ぬっ!?」って……

 「驚かないで?」

 「いや、そう言われても…」

 とりあえず、「ぬっ!?」は、おいといて、状況を把握することに努めよう。

 「それにしても、あなた面白いね」

 「え?」

 「だってさ…w「ぬっ!?」ってさ…w」

 おい、俺が心の奥底にとどめておこうと決意した直後にてめぇ…エスパーなのか?わざとなのか?

 ……こいつ…よく見たら美少女だな!てか、俺の人間としての人生において顔が恵まれていない女性、幼女は見たことがない。

 にしても、この笑顔はあかん(泉州弁)。反則や(泉州弁)。

 「…結婚してくれ」

 「へ?」

 「いやいや、今のなし!神の冗談ゴッズジョーク

 「ゴッズジョーク??よくわかんないけど、あなたもエルフだよね?」

 そう言われて、美少女を見渡す…おお…見分けがつかん。

 「え?」

 「…?」

 「え?」

 「…だよ…ね?」

 俺が「え?」を連発しているせいか、美少女彼女が、不安になった様子でこちらを伺う。

 「え?」

 出ました。本日5度目の「え?」。
 
 「もう…さっきから驚きすぎだよぉ」

 と言って頬をぷくっと膨らませた彼女は実に可愛かった。目の保養とはこのことだろう。

 「ごめんごめん」

 「で?」

 「え?」

 突然発せられた「で?」に対し、同じく一言で「え?」と返す。

 「エルフかって話だよぉ」

 そう言って、またまた頬をぷくっと膨らませた。目の保養とはこのことだろう(2度目)。

 「いやいや、俺人間だよ?」

 そう言った瞬間、さっきまでの彼女の笑が消え、俺に殺気を向け、短剣を構えてくる。

 「人間は、酷いやつ。ここで殺さないと。」

 「どちらかと言うと、人間をみんな、酷いやつという1つの枠の中に括りつけて、無抵抗のに、剣を構え、殺す宣言しちゃってる君の方が酷くない?」

 「うっ…それは……」

 反論に困ったらしく、一瞬、剣の握りが緩んだ。

 当然俺がそれを見逃すはずがなく、瞬時に地をけって彼女の目の前まで行き、短剣を払う。

 短剣は数m離れた地面に刺さった。

 が、勢いよく走った俺の足は止まることがなく…

 ドサッ___という音とともに、エルフの少女に覆いかぶさる。

 「んっ…」

 と、色っぽい声を上げる少女…まずい…色々とまずい……いやほんとに。

 心臓が高鳴る。こういうのをお決まり?って言うんだろうけど、実際におこったら、どう対応すればいいのか、ほんとに困るな。

 見ると少女は顔を赤らめていた。


 まずい…心の底からそう思った。




 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 コメントお待ちしております……が、現在のコメント数はたった一つ。しかも、「頑張れよ」という、妙に上から目線なコメント…(コメントしてくれるだけありがたいです、ほんとに。)
 次話もぜひ読んでくださいね。

「人間として転生した元創造神〜テンプレ通り、人生という名のストーリーを急ピッチで進めていく〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く