人間として転生した元創造神〜テンプレ通り、人生という名のストーリーを急ピッチで進めていく〜

和羽

17話~生きた落下物(ロリな落下物)




 「こう様!」

 心地よい眠りについていた俺の部屋に、耳障りな声が響いた。

 「なぁにぃ?」

 「こう様、今日は荒国に向かう日でございます」

 …忘れてた。

 「わかったぁ…じゃあ、行ってくるね」
 
 「なにを言っているのですか?私共も一緒に行きますよ?」

 「…ねぇ、」

 「はい…?」

 「あれってUFO?」

 「え、UFOですか!?すぐに避難命令を出さねば…こう様?どこですか?こう様!?」




 「はぁ…あんなに簡単に騙されるやつが国王の側近だなんてな…」

 俺は今、猛ダッシュで城門をくぐりぬけ、荒国に向かっている。まあ、馬…いや、ケンタウロスに乗っているが…

 どうやらケンタウロスは、どこの国でも家畜として扱われているらしい…


 ケンタウロスに乗って数キロ走ったあたりで、空から何か落ちているのが見えた。

 が、面倒事に巻き込まれたくないので放置しておこう…としたのだが、どうやら俺の真上からも落ちてきているらしい。

 さあ、どうする…避けるか?いや、そしたら落ちてきている…生物だと!?

 えぇ、空から落ちてくるって…ほんとに生物?いや、空から物が落ちてくるのも変だけど…

 
 …!これは、俺が創造神時代に考えていたことの具体例!?いや、現在進行形の実例か!?

 そう、俺が創造神時代に考えていたことは、『全ては在る為に生まれるのではなく、無に変わる為に生まれる』のだ。
 
 具体的な言い方をすると、在るものは、いずれ壊れる、そこから新たなものが生まれるということだ。

 つまり、それは俺が世界を壊すと同時に別世界を創るのと同じく、俺が死んだら転生したのと同じく…

 今落ちてきている生物も、地面に衝突すれば、肉片へと変わるのと同じであり…

 俺が受け止めてもお互いに肉片になるだけであり…

 被害を減らすには…『逃げる』しかないということでもある。

 だが、時すでに遅し…覚悟を決…

 『『ドゴォン』』

 と、どでかい音をたて、謎の生物が俺に落ちてきた…

 が、命に別状はない。地面が100メートルえぐれた程度だ。いや、これで生きてる俺ってもはや生物じゃなくね?
 てか、どんな勢いで落下してきたら、体重60kgもないであろう体で、数100メートルも地面がえぐれんだよ。


 さあ、どうする俺…よく見たら俺の上に乗っているのは気絶した黒髪の美少女…まあ、下にはケンタウロスがいるが…
 結構俺のタイプだな…この人…。

 ここで引いたら男じゃない!と思い、手を伸ばそうとすると、手に感じたことの無い触り心地に見舞われる。
 
 ん?と思ってその感触の先を見ると…翼はえてんじゃねぇかバッキャロォ!

 「ん…」と、美少女が起き上がる…

 「ファサァ」と翼を動かし、立ち上がった美少女は、やっぱかわぇぇやん。おっと、地球の泉州弁にはまっていた頃の癖がつい…
 てか、翼は翼でもコウモリ系の翼かよ…
なんでファサァとかなったの?普通そんな音でないよね?

 「ザシュッ」と、俺の横…を金色に輝いたナイフが横切り、俺の下のケンタウロスに刺さる…

 「いってぇぇ」と叫び、ケンタウロスは死んだ…

 まあ、そのナイフを投げたのは、言うまでもなくこの美少女なんだが…

 「ちょっ、タンマタンマ…なんで俺らに敵対してんの?」

 「何をとぼけてるんですか!私を天界から落としたのはあなたでしょう!?なら、ここで殺すのが道理です!」

 いやいやいやいや、なんで俺って決めつけてんの?罪人確定かよ!びでぇなおい…

 「いや、人間である俺に、どうやってお前を天界から落とせと?」

 「………!?え、本当にあなたじゃないんですか!?すいませんでしたぁ!」

 と言って美少女は土下座する…あれ、よく見たらこいつロリじゃん、こいつをタイプって言った俺って、やっぱロリコン…?
 いやいや…そんなわけが…そんな……嘘だろ……

 世界の終わりを見たような顔をしている俺を見て、少女が俺に声をかける。

 「あのぉ…ケンタウロスが死んだのが悲しいなら、私がケンタウロスの代わりになりましょうか?」

 は?少女に跨がれと?それだけは絶対ダメだろ…



 え、まって、え?なんでお前、俺の首持ってんの?え?え?え?




 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。ロリキャラが多いですが、作者はロリコンではありません。あくまでもギャグにしようと努力した結果です。(真顔)次回もぜひ読んでくださいね。 

 

「人間として転生した元創造神〜テンプレ通り、人生という名のストーリーを急ピッチで進めていく〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く