人間として転生した元創造神〜テンプレ通り、人生という名のストーリーを急ピッチで進めていく〜

和羽

10話~シェリーと転移魔法つかえねぇぇ




 俺は、思考を巡らせた。この奈落から脱出する方法を…考えに考えた結果……一つの答えにたどり着いた。

 「シェリー、お前…どうやってここに来た?」
 「転移魔法」
 「……………」
 「……………?」

 「シェリー、俺はさっきまで何を考えていたと思う?」
 「世界征服…?」
 「いや、まあ、ここを抜け出してから世界征服はするんだけども……」
 「抜け出す…?なら、私の転移魔法がある」
 はは……俺の10分間が……
てか、…魔法とスキルの違いが分からなくなってきた……………
 「なあ、1つ質問していいか?」
 「どうぞ…?」
 
 「魔法とスキルの違いって何だ?」
 「なぜ、元創造神たる主様がそのことを知らない……?」

 しまった……丸投げしたなんて言えないしな……なんとか誤魔化すかぁ。

 「転生するには、その対価である『記憶』を失うらしくてな…ところどころの記憶が曖昧なんだ……」
 
 これで完璧!事実、嘘は言っていない。転生するまでの数日の間に、死ぬ日に食べていた魂の味などを忘れている。
 あれ?おれの記憶力が弱いだけ??

 「嘘をついていない…と嘘発見器機が判断……」

 おぉ……そんなものがあるのか………

 「さっきの質問への回答…魔法はMPを消費して発動。スキルは常時発動、または、一定時間ごとに発動可能。」

 「ふむふむ…つまり…?」
 「MPはとっくに満たん、既に使用可能。」
 「はは…マジで返せよ俺の10分………」

 「では、転移を開始する。」

 「ああ、頼んだぞ」

 確か、「ギュウィィーーン」て感じの音がでた後、俺たちは転移した。


 別の渓谷に……


 「おい」
 「はい…?」
 
 「なんでここなんだよ、転移するならもっと別のところあんだろ!?」

 「シェリーの使える転移魔法の別名は『クソ魔法』。海面より500メートルは深い場所にしか転移できない」

 まじもんのクソ魔法じゃねぇか!?てか、クソの役にも立たないほどの役立たず魔法じゃん!?

 
 「で?ここの位置は?」
 「::€#€aa≧__«»**&@&。~~”~+¥6._/←←e"→⇒‰√∽∬∬⊃┼┬┥┘┌┝:^=°°°☆>\243drqr>○÷「6*\>…≧>>$¢$¢£」

 「……え、と……」
 「現在の座標を開示した」

 「あの、できれば暗号やめて、あと、座標じゃなくてもっと簡単にお願い」

 「王城からとおーーいところ」
 「極端だなぁ!?おい!」
 
 「………?」
 「あのだな、俺が言った簡単にっていうのは、そういうことじゃなくて、分かりやすくっていう意味な」

 「…!意図を汲み取れず、申し訳ない。」
 「謝らなくていいから、早く教えてくれ。」

 「惑星規模で、王城の反対側。」
 「………」俺は、わかりやすく絶望した。

 すると、無言だったからか、シェリーが、また自分は間違えたのか、というような顔でこちらを不安そうに見つめてくる。

 俺は、慌てて口を開いた。
 「ありがとな、その惑星規模っていうのは?」
 「そのままの意味、惑星の反対側。」
 「惑星規模って、使う必要あるか?」

 「この惑星には地下帝国がある。」
 「……なるほど…王城の反対側って言ったら、その地下帝国てことになるのか……」
 「そーゆーこと」

  「…まてよ……その地下帝国っていうところには転移できるのか?」

 「可能」
 「いや、じゃあ…だからなんでここなんだよ」

 「地下文明、それは、ドワーフモグラ野郎が築き上げた文明。資源が豊富なため、文明力、技術力が他国と比べて格差がある…ありすぎる。」
 「え、ドワーフってそんなに賢いの??」
 「賢い」
 「でも、強くはないんじゃ…?」
 「高度な技術によって開発された、デタラメ兵器がある。」

 神の使者にデタラメって言わせるほどの兵器ってなんだよ!?恐怖よりも好奇心湧いてきたぞ!?

 「…シェリーよりも強いのか?」
 「シェリー、戦えない」
 「What?」



 読んでくれた方、ありがとうございます。
 これから色々な種族が出てくる予定です。
 次回もぜひ読んでください。

「人間として転生した元創造神〜テンプレ通り、人生という名のストーリーを急ピッチで進めていく〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く