チートを隠さない俺達(私達)のクラス転移

天道souzi

起きたら早速甘い雰囲気、でもなかった

光に包まれた、そうとしか表現のしようがなかった。ただそれは町中に広がるネオンの乱暴な発光ではなく綺麗な夜景の光でもない。そう、まるで先生の大好きなおとぎ話の世界に吸い込まれたかのような、そんな光だった。

辺りを見回すとクラスの殆どの生徒が倒れており自分の様に目を覚ましたものは極小数のようだ。とりあえずは他の生徒を起こして状ky

「痛い。」

一人思考を巡らせていると下からすみれの声がした。そこには案の定下敷きになった彼女がいた

 「あ、ごめん。」

俺は慌ててそこを退いて彼女を起こす

「ここは?」

頭にはてなマークを付けながら首を傾げるすみれ。正直言って可愛い

「何その顔、何かいいことでもあった?」

顔に出てしまっていたようだ。恥ずかしいがここは少し見栄を張って

「べ、別になんでもないよ。」

そう言ってやった。これじゃ俺は単なるツンデレだな。

「そう、ならいい。」

彼女は納得した様に頷いて立ち上がり他の生徒(女子)を起こしに行く。それに伴って俺も男子を起こしに行った

「チートを隠さない俺達(私達)のクラス転移」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く