勇者30人自分巻き込まれ

ノベルバユーザー232241

異世界基盤作り・分岐点

 さて、国王から何故かいきなり娘と婚約しないかと言われた訳だがどうやって断ればいいのか…。
 

 言わなくても分かると思うし何度か言ったかも知れないが自分は幼い娘が好きだ!
 もっと詳しく言うと第二次成長期ぐらいの娘!
 そう、所謂ロリコンなのだ!
 なので、勿論誰かと恋愛関係になった事はない。告白自体はされたことはあるがその時に断ったやり方は全く参考にはならないだろう…。


 「………んー…………」
 

 「で、どうだろうか、まぁいきなり婚約はしなくとも会って話してみるのはどうかな?」
 

 ヤバい…ヤバい…ヤバいぞ!
 どうしよう!マジでどうしよう!どうやって断れば…いや?そもそもなんで自分なんだ?勇者なら婚約話を持ち掛けられるのは分かるけど、聞いたところどうやら一人娘らしいし、婚約するならもっと他にいい人がいるのでは?
 とりあえず質問してみよう、そして何とか話を逸らして…。


 「ふむ…、確かにそう疑問に思っても仕方ないな。勇者という存在はな物凄く強いのだ、それこそ1人で軍隊を駆逐できるほどにな?そんな勇者を大量に抱えるのは国としてあまり良くなくてな、他国に均等に勇者を抱え込ませたのだよ。勿論この国にも勇者はいるが既に恋人がいたそうでな、この国は一夫一妻と言う訳では無いが…その…嫉妬がの?」


 …そういう事で自分に回ってきた訳ですか、誰か知らんけど大人しくハーレム作っておけや!
 これ断らないと婚約パターンだよな?姫さん美人みたいだし、この王様そんなに悪意があるように見えないし…。


 「あ!」


 そうだ!そうだ!恋人だよ!勇者君恋人で断ってたじゃん!
 自分も同じ手をを使えば断れるんじゃ?やってみる価値はあるよな。


 「あ、あの…実は自分も向こう側に恋人が居まして…」
 

 「ぬぅ!重婚という手もあるが…」


 「いえ、その…将来も誓い合ってまして重婚については条件がありまして、姫様はその…」


 「う、そ、そうか…、そなた達にには無理に言えんからな、この話は忘れてくれ…、その、済まなかった…」


 やったぜ!完☆全☆勝☆利!


 「で、そなたのその恋人の名前はなんと言うのだ?」


 え、名前?名前?


 「あ、あ、アリスと言います!」


 適当に言ったがバレないように…。
















  場所「???」
 

 「ハックション!」


 「あら、風邪かしら?大丈夫?」


 「うー、わかんない、フラフラしたりはしないけど…」


 「一応家に帰ったら病院に行きしょうか?」
 

 「えー、やだよ、友達遊べないじゃん」
 

 「どちらにしろ今日は遊べないでしょ?近くの高校で事件があったんだから…」


 「お母さん心配しすぎだよー、マホちゃんとか遊んでると思うよー」


 「マホちゃん家と家は違うのよ、それに私はアリスの事が心配で…」


 「はぁ…、分かったよお母さん」


 「んふふ、アリスはいい子ねぇ〜」


 




「勇者30人自分巻き込まれ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く