異世界来たからメイド雇おうと思うが諸君らはどう思う?

ノベルバユーザー231964

転移、そして街へ

青い空、白い雲、脛程まで成長した草。どれも都会にいては見られないものばかりだ。
学校での部活動、人間関係、勉強などのしがらみから逃れるにはとても良い。
だが問題は、俺がメイド服を買ったと思ったその時、既にここに居たと言う事だ。
所謂異世界転移って奴なのだろうと思う。
女神にも会ってないしこの世界に関しての説明も無い、そんな時に一番欲しいのが情報だ。
最高の展開としてはここで現地人が現れる流れだが………辺りを見回しても誰もおらず、その可能性は絶望的だろう。
夜になって孤独というのも嫌なので、街を求めて何となく西へ向かってみようと思う。

◇◇◇◇◇

焼け付く日差しの中歩いている彼は、ふと顔を上げると西洋に建てられていそうな巨大な城を発見する。
その周りに城下町がある事も確認した彼はそこに向かって走り始める。

◇◇◇◇◇

The 中世という感じの街だ。
活気があって、とても良い。
左右に目を向けると屋台が立っている。看板には「デジー鳥の串焼き」「フォーマフィッシュの塩焼き」などと書かれている事を理解するも、なぜ理解できたのか、という疑問を抱く。簡単に考えるなら転移の特典だろうか。まあいいか、もっと見て回ろう。

◇◇◇◇◇

街を散策する彼は偶然にも『裏』市場を見つけ興味本位で入ってしまう。そこは違法薬物、違法魔道書、奴隷などが売り買いされている、この国の闇であった。

◇◇◇◇◇

「なあ、そこの兄ちゃんヒマかい?」

「……俺ですか?」

「そう、お前だ」

「兄ちゃん只者じゃなさそうだからな、ちょっと話を聞いていかねえか?」

「まあ……はい、大丈夫ですよ」

馬車に乗ったおじさんに近づき、話を聞こうとする。

「あまり大きな声では言えないが、儂はその、奴隷商人をやっているんだがな、そろそろ引退するつもりなんだ」

「はあ」

「それでだな、あらかた在庫は捌ききってしまったんだが、1人だけ残っちまった」

「タダで良いから引き取ってもらえんか?」

「ええっと…急に言われましても」

「ならちょっとしたおまけも付けるからどうだ?」

余りの圧力に気圧されてしまった俺はつい、了承してしまった。

「じゃあ……お願いします」

「よしきた、待っとれよ!」

その言葉から1分と経たずしておじさんはその奴隷を連れてきた。
背は俺より小さめで目測145cmくらいだろうか。長い黒髪に緋色の瞳をしていて、その上から丸い眼鏡を掛けている。身なりも綺麗であった。

「それじゃあ兄ちゃん頼んだぞ」

おじさんから数冊の本と黒髪の少女を引き渡された後、おじさんはすぐに去っていった。

◇◇◇◇◇

彼はとりあえず落ち着ける場所を探そうと、黒髪の少女を連れて裏市場を出る。
そして街の広場へと辿り着く。

◇◇◇◇◇

「ああ、君名前は?俺は本庄優と言うんだが」

「ホンジョー ユウ?」

「そうだ、好きに呼んでくれ」

わたくしは……フランツと申します」

「異世界来たからメイド雇おうと思うが諸君らはどう思う?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く