あなたの身代わり捜します。

雨宮 心音

代償

翌朝に私は、部屋のチャイムで目を覚ました。

2度目が鳴って、目を擦りながら、インターフォンの画面を見るとそこには、天田 不死瑠が立っている。

直ぐに扉を開けた時に、黒い手が扉を強い力で引き開けられる。

「天田さん」


天田 不死瑠が無表情のまま、黒い手を私の顔に覆いかぶせると、私の視界は暗い闇の中に消え去ってしまう。

抵抗できない私の意識が遠のいて行く中で、天田 不死瑠の声が聞こえてきた。

「身代わりの代償を頂きます」


その声を聞いて、私は完全に意識を失ってしまった。

「雪菜!雪菜!」


私はまだ意識が朦朧としている中、遠くに住んでいる母の声で目を覚ましたらしかったが、いくら目を開けていても、母の顔は愚か、何の風景も見えない。

闇の中、まだ目覚めていないのかもしれないと思い、自分の顔に手を持って行くと、目の周りに布のような物が巻かれている。

「雪菜、大丈夫」


母さんの温かい手が、私の右手を握ってくる。

その時に、私はしっかりと目覚めている事が分かった。

「母さん、私どうなったの」

「雪菜が急に倒れたって聞いて、母さん直ぐに病院に駆けつけたのよ…」


母さんが言葉を飲み込んでしまった。いつもの母なら、言いたい事ははっきりと言うのに。

「母さん、お願い説明して」


私は今の自分の状況を知りたかった。

「もう目が見えないらしいの」


その後も母さんが、私に色々と説明してくれていたらしいけど、私の耳には全く入ってこなかった。

私は一週間の間、絶望の中に居た。

頭の中で私が何をしたのか、何度も疑問を投げかけていた時に、あの男との契約と最後の言葉を思い出した。

天田 不死瑠のあの言葉を。

「身代わりの代償を頂きます」


この言葉が頭の中に浮かんできた時、病室のドアが開く音が聞こえる。

私に向かってくる2人の足音だ。

「雪菜、音楽会社の人が会いたいって」


母さんの声が聞こえて、その後に母さんが音楽会社の人に椅子を進めているようで、その人が椅子に腰掛けたらしい。

「初めまして、私はエイビックスの者です」


私は自分の耳を疑ってしまった。

エイビックスとは、音楽業界でも1.2争う大手プロダクションである。

「佐々木雪菜さん、あなたを私どものエイビックスは、あなたの所属しているフラワービートから移籍してもらう事にしました。私は、エイビックスの取締役の松田と申します」

「・・・」


私は言葉も出てこなかった。


「あなたの身代わり捜します。 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く