あなたの身代わり捜します。

雨宮 心音

大手プロダクション

そんな疑問を抱いていた私は、次の日に驚きの余りに口が開きっぱなしで、天田 不死瑠が用意してくれたスタジオの前、そのビルを見上げていた。

そのスタジオは有名プロダクションのスタジオ。

私の入っているプロダクションとは天と地の差があるからである。

「佐々木 雪菜様でしょうか?」

きっとかなりのマヌケ顔で立っていたであろう私に、声をかけて来てくれた人が居た。

その人は、艶のある黒髪が美しく真っ直ぐ腰まで伸びている女性で、白いタートルネックがよく似合い、淡い桃色の長いスカートもその女性を増して妖艶に見せている。

「あっはい」

「お綺麗な方と天田の方から聞いておりましたので、直ぐにわかりました。私は、天田のアシスタントをしております、冬華と申します。では、ここからは私がご案内いたします」


貴女が綺麗な方と言うと嫌みにしか聞こえないよと私は思いながら、冬華(とうか)と言う女性に付いて行く。

その後に会う人会う人、業界では知らない人がいない程の有名人ばかりで、私が会う手筈になっていたのだろうプロデューサーは、業界の重鎮とまで言われる人。

その人の前で歌う事になった。

重鎮と言われているプロデューサーの前で歌えるのは、私のマネージャーの言う所での凄いチャンスなのではないだろうか。

私は、そのプロデューサーに言われるがままに、様々な歌を歌う事になり、初めてやるような事までやらされた。

全然知らない英語の歌を一度だけ聞いて、出来るだけ正確に歌うと言うもので、私の耳の良さを試すようなテストだったのかもしれないと私は思った。

防音ガラスの向こう側に天田 不死瑠の姿が、いつのまにか現れていて少し驚いていたが、スタジオの無音の中で防音ガラスの向こう側で、重鎮のプロデューサーと同等な立場で話している天田 不死瑠が居る事に、増して驚いてしまった。

凄く真面目な顔をしていた天田 不死瑠が、プロデューサーと話し終えたのか、直ぐにドアから出て行ってしまった。

「はい、これでトレーニング終了。お疲れ様」


スピーカーから聞こえてきた声に、私はマイク越しに「お疲れ様でした」と言って、スタジオから出て行くと、スタジオの外には冬華が待っていてくれていた。

「お疲れ様でした」


冬華に声を掛けられて、私は自分が疲れていることを実感した。

冬華に私のアパートまで可愛らしい軽自動車で、送り届けてくれた。

私はいつものように自分の居場所であるソファに座り、クッションを抱きしめて、ゆっくりと眠りへと落ちて行くように眠り込んでしまった。

夢うつつの中で疲れが出たのだと、自分の中て言いきかせた。


「あなたの身代わり捜します。 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く