あなたの身代わり捜します。

雨宮 心音

天田 不死瑠

そこに立っていたのは、今までに見た男性の中で1番に不思議さを感じてしまう男性だ。

その容姿は、マッチ棒のような体に白いスーツと黒のカラーシャツを着て、赤いネクタイを巻いている。

髪はポストカードとは、真逆で真っ白な白髪で耳に掛かる程の長さ、清潔感を失わない程度に保たれている。

瞳の色は、日本人とは違う灰色で、吸い込まれそうな色合いであるが、その容姿の中で1番に気になるのは、肌の白さだ。

白人の肌よりも青白く病的な色である。

まるで何年も太陽の光を受けてないような肌の色なので、私は少しだけ気後れしてしまう。

そんな不思議な男性、天田 不死瑠が頭を少し下げて部屋に入って来ると、この男性の大きさを私は初めて知る。

2メートルもあるかもしれない身長があるようだ。

「初めまして天田 不死瑠です。佐々木 雪菜様」


天田 不死瑠の目の下には濃い隈があり、その目で見下されてしまうと、腰が抜けてしまいそうになるのを、何とか彼の精一杯の笑顔が引き止めてくれている。

「はっ…初めまして…」

「本当にすみません、そんなに怖がらないで下さい。いつもこの大きさで損する事ばかりなんです」


天田 不死瑠が頭を掻きながら笑っているが、その笑顔も少し不気味なのだが、そんな彼がゆっくりとした動きで、部屋の中に上がり込んできて私をソファに座らせ、その前へと座っている。


「あなたの身代わり捜します。 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く