突然魔法使い

M・kazu ma

「前期テスト」

<フレイヤ先生>
   「来週から一周間テストが始まります。日頃の成果が試される場となります皆さん、頑張って下さいね(笑顔)」

今、アスカ達は朝のSHR中なのだ。そして、担任のフレイヤ先生に学生なら聞きたくない言葉を、いい落とされてしまったのだ。そうテストが待ち受けていることだ。
  そして、このテストは文化祭の時に学年順位トップ3の人は名前を呼ばれるのだ。
残念な事に実に不名誉な事にワースト3も呼ばれると言う実に死刑宣告のような祭典でもあるのだ。なので生徒はワースト3にならないぼちぼちの成果を挙げなければならないのだ。

<フレイヤ先生>
「くれぐれも、うちのクラスからワースト3の名前を出さないでね。トップ3は歓迎するけど(笑顔)では皆さん頑張ってね」


<ニャル>「とうとう、来たわね…」

<ルーシー>「とうとう来たね…」

<マリア>「来ましたね…」

<アスカ>「そんなに大変なのかテスト」

<3人>「!?」

<ルーシー>「大変だよ、トップ3とワースト3は名指しで呼ばれるんだよ文化祭で!
だから下手な点数取れないんだよ、しかも私達特待は最悪トップ10までに入らなきゃだし…」

「アスカ君も頑張って入ろうね!」

<アスカ>「おう!」

<アスカ>「じゃ皆んなで勉強会しないか?
何処かに集まってそうすれば少しはマシになるでしょ?」

<3人>「そうしよう!ナイスだよアスカ君」


<ニャル>「何処でやろうか?」
<ルーシー>「そうだよね何処にすればいいかな。女子の部屋ってなると、色々後が大変そうだよね。(他の女子陣にバレたら怖いし)」

<マリア>「私は何処でもいいけど、まぁ女子の部屋は避けた方がいいのは納得かな。
(下着とか干してあるのが見られるし片付けるけど、しまい忘れとかあったら嫌だしね
まぁ、アスカ君に見られるなら……)後が大変そうだしね。」

<アスカ>「まぁ、思春期の娘の部屋は色々あるよなそれは。わかった取り敢えず女子の部屋は候補から省くとして、残るは、談話室か喫茶店それか俺の部屋ぐらいだけどどおしよっか。」

  <ニャル>「アスカ君の部屋…」
<ルーシー>「アスカ君の部屋…」
<マリア>     「アスカ君の部屋…」

<3人>「それだぁ ︎」
<アスカ>「………」

そんな感じでアスカの部屋で勉強会をする事になったのだ。しかしこれは他の女子にバレたら大変なことになるので極秘に行われる予定なのだ。
     

   それから1日後の朝
アスカは朝市にいた
<アスカ>   (今日から6日間4人で勉強するし昼飯ぐらい振舞ってあげないとな。おジジのところでちょこちょこ依頼してるしお金は余裕が有るし。簡単なものになるけど作ってあげたいしな。喜んでくれたら嬉しいしな(笑顔)   )

<アスカ>(最初は麺屋さんだ)

<アスカ>「おはようございます麺屋さん
   (笑顔)パスタ下さい」

<麺屋>「アスカおはようさん!あいよ、いつもの太さでいいのか(笑顔)」
<アスカ>「はい。」
<麺屋>「わかった。いつものグラム数でいいのか?」

<アスカ>「今回は、いつもの4倍欲しいんだけど、平気かな?」
<麺屋>「大丈夫だがなんでそんないるんだパーティでもやるのか?」

<アスカ>「違うよ。前期テストの勉強会をする事になって俺の部屋でやる事になって
それで皆なにご飯でも振舞ってあげたいなと、思ってねそれでいつもの4倍をお願いしたんだ。」

<麺屋>「なるほどな」

<アスカ>「てことでお願い。」

<麺屋>「あいよ。」

そんな感じでアスカは朝市を回って行き
最後に魚屋に来た。


<アスカ>「オッチャンおはよう」

<魚屋>「おう。アスカおはよう」

<アスカ>「いつものを4匹とエビを2キロぐらいちょうだい。」

<魚屋>「おう。それにしても、エビを2キロって相当な量だがどうした?パーティでもするのか?」


<アスカ>「違うよ。前期テストで勉強会をする事になって、俺の部屋でそれをするんだよ。それで皆んなにご飯を振舞ってあげようと思ってね。」


<魚屋>「そうかそうか。念話(ニャルもいるんだろそれで振る舞うのか?)」

<アスカ>「うん。」

<魚屋>「そっか大変だな。まぁ美味いもん作ってやれ(笑顔)」


それから、アスカは買い物を終わらせて自分の部屋に向かったのだ。



<アスカ>「勉強できるように、机を出しておいて、椅子をあと2つと紅茶の準備とクッキーとかも出しておいて…これで準備完了かな。まぁクッションとかあったら良いけど仕方ないか…」


それから5分後ぐらいに特待生美女3人が来たのである。


<マリア>「おはよアスカ君今日から頑張って勉強しよう満点(笑顔)」

<ルーシー>「おはよアスカ君今日から頑張って勉強しようね元気いっぱいの(笑顔)」

<ニャル>「おはよアスカ君。今日からよろしくね男殺し(アスカ)ハートブレイク寸前の完璧な美少女の(女神)の笑顔」


こんな笑顔をもらったら、やる気・元気しか出てこないのが男ってもんです……

しかも皆んな私服だから、尚且つ破壊力がすごいのだ。
  <アスカ>「皆んなおはよ。こちらこそ一緒に頑張ろ(笑顔)」  

  <ルー・マリア>[(爽やかな笑顔はずるいよ。しかも私服大人カッコいいな。シンプルでアスカ君によく似合ってるし…)]
 
<アスカ>「まぁ、立ち話もなんだかなという事で皆んな入って入って準備できてるから好きなところ座ってね。紅茶とクッキー持ってくるから。まってて。」
<ニャル・ルー・マリア>
「「「わかった。まってるね。」」」

それから紅茶とクッキーを運び
勉強会がスタートしたのだった。

それから、4時間後小休止を少し挟みながらひと段落したところ、時刻はお昼を回っていたのだった。

   アスカを除いた3人はお昼をどうするか話していた。アスカはその時下準備が終わった具材を冷蔵庫から出し、パスタに必要なソースを温めていた。そして具材を炒め
パスタを茹でていた。それから数分後パスタを、皆んながいるテーブルに人数分置かれたのである。

<アスカ>「皆んなお疲れ、取り敢えずお昼しよっか。俺が作ったものだけど、口に合えばいいな。」

  今日のアスカのパスタはミートスパである。本来お肉のひき肉状なものと玉ねぎが標準だと思うが、アスカのはそこにプラス海老も入っているのでプリプリとした食感も感じるのだ。

<ニャル・ルー・マリア>
  「あらあら、ありがとう。いただくね。」(ニャル)
<ルーシー>「お父さん以外の男の人の料理始めて食べるよ。ありがとね、アスカ君」

<マリア>「私も、家の者以外の料理は食堂のほか食べたことがないわ。しかも男性の。ありがとね。アスカ君」


各々食事が終わり、そこから小休止を挟み5時間勉強をした。

<ニャル>「そろそろ夕方だし今日はこのくらいでいいかな。」
<マリア・ルー>
「そうね。うん。」
<アスカ>「じゃこれで今日はお開きで、皆んなお疲れ様、明日も頑張ろ(笑顔)」
<3人>
「「「うん。」」」

こんな感じで、残り5日間勉強会は進んだ
  パスタは、カルボナーラ・ペペロンチーノ・キノコパスタ・野菜盛り盛りパスタ
最後に魚のスープパスタである。



「突然魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く